魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探すゲーム制作を生業とする30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。

「レディ&オールドマン」の感想。 オノ・ナツメのまるで映画のような漫画

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

 

皆さん70年代80年代の古いハリウッド映画等は見られることはありますか?

 

私は古い映画というのは派手さが無いものの独特の雰囲気が好きで、たまに見ることがあります。

 

漫画でも特徴的な雰囲気のある作品はありますが、今日ご紹介する漫画は独特の雰囲気と世界観を楽しめる不思議な作品です。 

  

f:id:soul-vibration:20171003213259j:plain

タイトル:レディ&オールドマン
作者  :オノ・ナツメ
連載期間:2015年~
巻数  :既刊3巻(2017年6月現在)

 

一目でオノ・ナツメの作品とわかる非常に特徴的な絵柄のSFミステリー漫画です。

 

漫画「レディ&オールドマン」のあらすじ

1963年のロサンゼルスを舞台にしたお話で、ある日シェリー・ブライト(シェリー)は刑務所の前で動かず立ち尽くす一人の男性を目にします。


看守の話では彼は旧収容等の「最後の住人」と噂された人物で100年ぶりに釈放され、ぼさぼさの髪と髭に覆われたみすぼらしい姿のまま途方に暮れて動けずにいました。

 

シェリーはそんな彼を放っておくことが出来ずに世話を焼きます。

 

自宅のダイナーに連れて食事を与えて彼の髪を切り、髭を剃り身なりを整えたところ、そこには20代と思える若い男性の顔立ちが姿を現しました。

 

彼の名はロバート・ウィンツ(ロブ)と言い、1863年に放火と殺人の罪で懲役100年の刑を受け刑務所に統監されていました。

 

ロブにはこの事件は心当たりは無く冤罪でしたが、ロブには双子の弟がおり、彼が関わったのではないかと考え、無罪を訴えずに100年の刑期を受け入れました。

 

100年もの間、外の様子を知ることが無くテレビやレコードといった物を知らないロブはとても一人で生きていける様子ではなく、シェリーはロブを助けます。

 

ロブは特殊な体質を持っており、121歳でありながら若い姿を保ち、火傷は翌日には治り、怪我はすぐに回復して傷が消えてしまいますが、ロブ自身がこの不老不死の体質がなぜ備わったのかを知らずにいました。

 

しかしこの体質に変わるきっかけが弟にあったことを思い出し、ロブは不老不死の事や事件の真相を知るためにも双子の弟であるラスを探すという目的を持ちます。

 

シェリーは父親の裏の仕事であるは運び屋を引き継ぎ、ロブを相棒にして「L&O(レディ&オールドマン)」の名前で運び屋の仕事を受けながら弟探しを手伝います。

 

漫画「レディ&オールドマン」の見どころ

レディ&オールドマンの見どころは作者の作風と物語にあります。

漫画家オノ・ナツメの魅力

オノ・ナツメの漫画作品はどれをひと目で「オノ・ナツメの漫画」とわかるぐらい特徴があり、独特な絵柄とコマ割りが面白く引き込まれます。

 

一見不要に思えるカットや、物語に直接関係の無いような情報が散見しますが、そういったものがひとつひとつ魅力的に感じます。

 

漫画に派手さは無いものの、オノ・ナツメの作品には「静の中での動」を感じる世界観と魅力があり、漫画を読んでいるのに古い映画を見ているようなそんな気分にさせてくれます。

 

ストーリーの展開と気になるポイント

この漫画はシェリー(レディ)とロブ(オールドマン)を取り巻く人間ドラマが魅力的なお話です。

 

物語の展開はゆっくりしており、シェリーとロブが「L&O(レディ&オールドマン)」として運び屋の仕事をこなしていき、ロサンゼルスの裏社会を知る中で、様々な人物とかかわりを持つようになります。

 

運び屋の仕事はただ荷物を届けるだけの事もあれば、命を狙われる危険な仕事もあり、
そうした仕事をきっちりとこなすことで、運び屋としての「L&O(レディ&オールドマン)」の名が広まります。

 

ただこの運び屋の仕事というのはそれほど派手な描写が無く、アクションを期待する内容ではありません。

 

どちらかというと依頼をこなす過程で、登場人物のそれぞれの素性が少しずつ明らかになったり、人間関係のつながりが見えてきたりするところが面白味になっています。

 

まだ3巻までしか出ておらず、多くの謎がちりばめられている段階ですが、今後の話が進む中で、点と点がつながり線となるストーリー展開が楽しみな作品です。

 

レーダーチャートについての説明  

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

  

 

 ↓今ならkindle1巻が無料です。

 

合わせてお読みください 

 

おまけ:漫画を読むためのおすすめの漫画アプリのご紹介

スマートフォンで漫画を読むためおすすめのアプリをご紹介します。これがあれば電車や移動での時間をつぶすのには困りません。

マンガZERO  

マンガZERO
マンガZERO
開発元:SAICORO INC.
無料
posted with アプリーチ

「マンガZERO」は青年誌で人気のある漫画作品を無料で読めるのですごく助かります。
最新作から過去の名作まで有名タイトルが1000作品以上掲載されており、漫画の検索もわかりやすくてカテゴライズがしっかりされて、ジャンルや出版社ごとに探することが出来て便利です。

f:id:soul-vibration:20171015133359j:plain

 

マンガPark  

マンガPark
マンガPark
開発元:HAKUSENSHA.INC
無料
posted with アプリーチ

マンガParkは白泉社の漫画作品が読める漫画アプリです。
青年誌の「ヤングアニマル」、少女漫画の「花とゆめ」「LaLa」など140以上の漫画作品を読むことができます。
「ベルセルク」や「3月のライオン」が読めるのはかなり嬉しいですね。

f:id:soul-vibration:20171015135428j:plain

 

comico(コミコ)  

comico
comico
無料
posted with アプリーチ

「comico(コミコ)」は全世界で2500万DLを突破した漫画アプリで、約200作品以上のオリジナル漫画とオリジナル小説が強みです。
スマートフォンで漫画を読むことに最適化されており、縦スクロール型の閲覧方式は初め見た時はびっくりしました。

f:id:soul-vibration:20171015140935j:plain 

スポンサーリンク