魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探すゲーム制作を生業とする30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。

原油先物取引で失敗して痛い目にあった経験をお話したい その4

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20170611194248j:plain


大きく利益を出せたはずの取引でマイナスなるという

理解できない状況が起きたことで目が覚めたユレオは、

先物取引から足を洗おうと動き出します。

はたして無事に業者の魔の手から逃れることはできるのでしょうか。


 

www.tamashii-yusaburuyo.work

www.tamashii-yusaburuyo.work

www.tamashii-yusaburuyo.work

 
すでにユレオの含み損は40万円を超えていました。

 

追証は発生していない状況ですが、追証が発生したらジエンドの状態です。

 

なので、何とか手持ちの口数を減らしていかないといけないわけですが、

 

どういうわけかこの業者では「買い」と「売り」注文を

 

同時に出すことが出来ませんでした。

 

なので口数を減らすための処分は、値動きがある程度安定している時期を見て

 

処分していく必要があります。



そうしたユレオの取引に業者側も気が付いたのか、様々な妨害がありました。

「買い」10口を今の価格の51万で処分してください。

ユレオ様、ご注文承りました。


   数日後・・

 

今値が下がってきているようだけど、10口分を51万で処分できました?

10口分の売りに出したのですが、51万では買い手が付きませんでした。48万で買い手が付きました。

ええーそれじゃ損してるの?

ご安心ください。私どもの判断で51万のタイミングで「売り」を10口購入しております。今この売りを処分されれば損はいたしません。

そっか・・・  けど手数料どうなるの?

ユレオ様のお取引になる為、手数料分のご負担となります。

・・・はっ!? えっマジ?

マジでございます。


業者は善意(?)の取引という巧妙な手口で手数料を巻き上げます。

 

この当時はオンラインで先物取引を直接個人が行える会社がほとんど無かった為、

 

実際にどのような取引が行われたかは業者しかわかりません。

 

ユレオの取引が問題なく遂行されたかどうかも業者の報告しか知る術が無いのです。


泥沼から抜け出したい

ユレオはもうそのころには、先物取引に疲れて生活に

 

支障をきたすようになっていました。

 

儲けを出したい”は最早無くなり、”早くこの泥沼から抜け出したい”と

 

思うようになってました。



その後、少しずつではありますが、

 

口数を減らしてようやく出口が見えてきたころ、

 

またもや業者から電話がかかってきます。

ユレオ様、今度のOPEC総会の後、増産することが予想されます。ここで大きく売りを行い、一気にマイナスを取り戻しませんか?

いや、もういいや。

えっ、一気にマイナスを取り戻せるどころかプラスになることも可能ですよ!

もう疲れた。。。 今すぐ残りの口数を総会の前日までに(値が動く前まで)成行で処分してください。

両建てしてる分全部ですか?

はい全部です。ただし総会が始まる前の値動きが鈍い間でです。そうでなければ処分しないでください。

わかりました。どうなっても知りませんよ。(ちっ、こいつはここまでか・・・)



そんなわけで、含み損が確定するのもお構いなく値動きが安定している段階で

 

成行注文で処分することにしました。成行注文とは簡単に言えば投げ売りです。

 

流石に業者もこの注文で「取引成立しませんでしたー」とは言えません。

手数料はボディーブローのごとく効いてくる

さて、無事(?)にユレオの持つ先物取引の口数を全て処分できたわけですが、

 


結果はどうなったかというと、半年間で100万円弱の金額の損失となりました。

 

このうち手数料は半分以上の60万ほどだったと思います。

 

手数料が高い投資では頻繁に売り買いするものではありません。

 

これは先物取引だけでなく、投資信託や株式や為替取引でも同じことが言えます。

 

今回この業者はリスクを取ることなく60万円の利益を得ました。

 

もしかしたら、顧客の注文順番をコントロールすることで

 

得られた利益があったかもしれません。

 

こうして半年にわたるユレオの初投資は

100万円弱の損失をするという結末で幕を

閉じました。f:id:soul-vibration:20170618154449j:plain

 

 

知らないことは”知らない”では済まさない

ユレオは社会人1年目にして大金を投資で失うという失敗をしました。

 

このことは当時の私としてはショックでしたが、

 

社会の厳しさと何事にも勉強が必要であることを骨の髄まで叩き込まれました。

 

このおかげで今日まで生きる上で助かったことが結構あります。

 


当時、私は以下の誓いを立てました



未知なるものに手を出すことは良いが、必ず勉強しろ!

未経験の事が起きた時は調べて経験と同等の知識を得て

行動しろ!


この何気ない誓いは人生を生きてゆく中で非常に有益です。

 

特にお金が絡むようなことではなおさらです。


今はインターネットのおかげで情報を安価で直ちに手にすることが出来ます。

 

これが20年前にあれば・・・ そう思う今日このごろです。