魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

シンプルで見やすい関連記事の表示方法【こんな記事も読まれてます】【図解あり!】

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20171029220706j:plain

こんにちはユレオです!

 

前回の記事で関連記事表記をビジュアル的におしゃれに表示する方法をご紹介しました。

www.tamashii-yusaburuyo.work

 

しかし、「見た目の情報量が多いし、広範囲表示はブログサイトに合わない」というような方もおられるのではないでしょうか?

 

今日はそういった方にぴったりのシンプルで場所を取らない関連記事表示のご紹介です。 

f:id:soul-vibration:20171029220755j:plain

 

この関連記事表記はシンプルで場所を取らないので、ブログデザインをシンプルに保ちたい人にはお勧めです。

 

今回はLinkWithinの関連記事作成のサービスを利用します。 

 

合わせてお読みください 

 

設定手順1 LinkWithinでコードを取得する

1:LinkWithinページの関連記事コード作成画面に行きます。 

LinkWithin - Related Posts with Thumbnails

 

2:必要な個所に情報を入力します。

f:id:soul-vibration:20170715111858j:plain

設定が必要なのは以下の通りです。

 

 ①:メールアドレスの入力。

 

 ②:トップのURLを入力。関連記事を作りたいブログのURLです。

 (例:http://www.tamashii-yusaburuyo.work/

  

 ③:プラットフォームの選択。はてなブログなら「Others」を選択します。

 

 ④:記事の数の指定。PC表記であれば「5 stories」で問題ないと思います。

 

 ⑤:ブログの背景色が黒に近い場合はチェックを入れます。

 

最後に「Get Widget!」を押します。

 

3:コードが表示されるので全選択してコピーします。

f:id:soul-vibration:20170715112655j:plain

 

設定手順2 はてなブログ画面

1:はてなブログの デザイン→カスタマイズ→記事→記事下を選択します

f:id:soul-vibration:20170715082952j:plain  

 

2:先ほどコピーしたコードを張り付けます。

f:id:soul-vibration:20170715113459j:plain

 

この時「こんな記事も読まれています」付け足すと関連記事の上の表示されます。

<script>
var linkwithin_site_id = ”それぞれのID”;
linkwithin_text='●他にこんな記事も読まれています'
</script>
<script src="http://www.linkwithin.com/widget.js"></script>
<a href="http://www.linkwithin.com/"><img src="http://www.linkwithin.com/pixel.png" alt="Related Posts Plugin for WordPress, Blogger..." style="border: 0" /></a>

 

3:デザイン→カスタマイズ→記事→記事ページをプレビューを押します。

f:id:soul-vibration:20170715001049j:plain

 

4:記事下部分に先ほど張り付けたコードの関連記事が表示されます。

問題がなければ画面左上の「変更を保存」を選択します。

f:id:soul-vibration:20171029220823j:plain

 

以上で終了です。

 

シンプルで横一列の関連記事が表示されたと思います。

 

ブログの雰囲気を変更したくないという方にはお勧めの方法だと思います。

 

 

  合わせてお読みください 

 

スポンサーリンク