魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探すゲーム制作を生業とする30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。

【Google検索】便利な8つのGoogle検索方法と検索テクニックのご紹介【検索の効率化】

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20170906223411j:plain

先日仕事中に必要な情報を調べる為に同僚とGoogleを使って検索していたところ、

 

「えっ!そんな方法があるの?」

 

と驚かれたことがありました。

 

ユレオは検索方法の手段として皆が使っているかと思っていたのですが、他の同僚に聞いたところ、意外と知らない方が居られることがわかりました。

 

Googleで何かを調べる為に検索を行うには調べたい”キーワード”を入力して検索するというのが基本的な使い方です。


しかし、調べる内容がより具体的な場合やキーワードで検索される内容が多すぎて探したいものが見つけれないと言った場合に、知っておくと便利な検索のテクニックがあります。

 

今回の記事は備忘録もかねてGoogle検索をする際に役立つテクニックをご紹介したいと思います。

 

使用頻度が高い8つのGoogle検索テクニック

ご紹介するのはGoogleを使って検索する際に知っておくと便利で、使用頻度が高いと思われる検索手段です。

 

特殊な検索内容でなければ、これらを知っておくことで十分に検索効率が上がると思います。

 

1:複数のキーワードが含まれる内容を検索する方法(AND検索)

この検索方法は最もよく知られていると思うので今更書く必要はないかと思いますが、キーワードとキーワードの間にスペースを入れることで、複数のキーワードを含むWebサイトを表示してくれる検索方法です。

 

f:id:soul-vibration:20170906202938j:plain

例えば「電動工具 捨て方」で検索すると電動工具の処分方法について調べることが出来ます。 

 

AND検索は複数のキーワードでも検索できます。

 

2:キーワードのどちらかを含む内容を検索する方法(OR検索)

キーワードのどちらかを含むWebサイトを検索する方法で、ORは大文字で表記します。

 

f:id:soul-vibration:20170906203613j:plain

例えば「ドラクエ3 OR ドラクエ10」で検索すると、ドラクエ3とドラクエ10の情報が検索結果に表示されます。

 

「OR」は複数設定できます。

(例:「海 OR 空 OR 山」 海と空と山の情報が表示される)

  

3:特定のキーワードを含まない内容を検索する方法(NOT検索)

後ろに続くキーワードを除外して検索する方法です。後ろのキーワードの前に「-」を付けます。

 

f:id:soul-vibration:20170906204659j:plain

例えば「ゴーヤ料理 -ゴーヤチャンプルー」で検索すると、ゴーヤチャンプルー以外のゴーヤ料理が検索できます。

 

「-」は複数設定できます。

(例:「ドラクエ -3 -4 -10」 3と4と10以外のドラクエ情報が表示される)

 

4:完全に一致したキーワードを検索する方法

完全に一致したキーワードを検索する方法です。キーワードを「”」と「”」で囲みます。

f:id:soul-vibration:20170906205222j:plain

例えば「”いや、奴はとんでもないものを盗んでいきました”」と入力すると映画「ルパン三世 カリオストロの城」に関する記事が検索されます。

 

また、「”」で囲まなくても「ツール」→「すべての検索」→「完全一致」を選択することで同じ検索が行えます。

f:id:soul-vibration:20170906205717j:plain

 

この検索方法は「台詞」「歌詞」「文章の使い方」などの検索に非常に便利です。

 

5:検索キーワードがはっきりしないときに使用するテクニック

検索したい内容がの一部が不明慮のときに使えるテクニックです。不明な箇所を「*」にすることで探したい内容が検索できます。

 

f:id:soul-vibration:20170909173511j:plain

例えば「Apple」と検索したいが「App〇e」の「〇」の部分の綴りがわからないときは「app*e」と検索をかけることで検索表示されます。

 

この検索方法はワイルドカード検索と呼ばれるものですが、日本語には正式に動作していない為、英文での検索には有効です。 

 

6:意味を調べたい場合に使える検索方法

検索時キーワードの後ろに「~とは」を追加することで、意味が分からない言葉を調べたりすることが出来ます。 

 

f:id:soul-vibration:20170906212140j:plain

例えば「涅槃」という言葉の意味が分からない場合は「涅槃とは」と検索すると意味を調べることが出来ます。

 

7:Webサイトの記事が掲載された期間を指定して検索する方法

検索キーワードのWebサイトを探す際に、そのサイトがいつ掲載されたかを指定して検索する方法です。 

 

「ツール」→「期間指定なし」 のプルダウンメニューから検索したい期間を指定します。

 

f:id:soul-vibration:20170906213106j:plain

例えば1週間前の台風の被害を調べる場合は、検索キーワードは「台風被害」として「1週間以内」とすれば検索しやすくなります。

 

8:目的地への経路を調べる方法

目的地への経路を調べる方法として「AからB」と入力ことで検索することが出来ます。

 

f:id:soul-vibration:20170906214728j:plain

例えば「東京駅から富士山」と入力することで、簡単に経路検索が行えます。

 

最後に

以上が使用頻度が高いと思われる検索方法のご紹介でした。

 

1:複数のキーワードが含まれる内容を検索する方法(AND検索)
2:キーワードのどちらかを含む内容を検索する方法(OR検索)
3:特定のキーワードを含まない内容を検索する方法(NOT検索)
4:完全に一致したキーワードを検索する方法
5:検索キーワードがはっきりしないときに使用するテクニック
6:意味を調べたい場合に使える検索方法
7:Webサイトの記事が掲載された期間を指定して検索する方法
8:目的地への経路を調べる方法

 

これら以外でも多くの検索テクニックがありますが、上記の8つのテクニックを覚えておけばなにかと重宝するかと思います。

 

全部を覚えきれなくても「1:AND検索」「4:完全一致」「6:意味を調べる~とは」を覚えておくだけでもだいぶ効率が上がるかと思います。

 

次回からの検索で是非一度お試しください。

 

 

 

合わせてお読みください 

スポンサーリンク