魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

ブログ運営に掛ける時間はどれくらい?1時間に書ける文字数はどれくらい?

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180823073559j:plain

こんにちはユレオです。

 

本日はブログ運営者に向けたお話で、この記事を読まれている方はブログ運営をしていたり、ライターとして記事を書かれたりといった「ブログの記事を書いたことがある方」という前提でお話を進めさせていただきます。

 

さて、皆さんは毎日どれくらいブログに時間をかけていますか?

 

あくまで自分の運営しているブログに対してのお話で、誰かのブログを閲覧したり、何かを調べるためにブラウジングするようなものは含まず、純粋に自分の運営するブログに対して記事を書いたり、保守をしたりといった事を行う時間についてのお話です。

 

毎日記事を書かない方もおられますので、「1週間でどれくらい運営しているブログに時間を掛けるか?」という質問の方が算出しやすいかもしれません。

 

本日はブログの週平均どれくらい時間を掛けるのかといったことと、1時間で書ける文字数や1記事を書き上げる為に必要になる時間などについてお話したいと思います。

 

※これからアフィリエイト始めたい方は無料登録で報酬アップや特別報酬もある「もしもアフィリエイト」がおすすめです。 

私は週平均20時間はブログ運営に費やしている

f:id:soul-vibration:20180823073721j:plain

私は2017年6月からブログ運営を行っており、ブログ運営歴1年と2ヶ月となっています。

 

ブログ運営当初はとにかく記事を書いて更新しようと躍起になって取り組んだということもあり、プライベートの時間をほとんど全てブログに費やしていた時期もあります。

 

今ではブログ運営も落ち着いてきた事もあり、毎日記事の更新をしなくなりましたが、できるだけ更新を続けようと頑張っており、月平均20記事前後は執筆できていると思います。

 

さて、私が1週間にブログ運営に費やしている時間ですが、きっちりと計算したわけではないですが、おおよそ「20時間」です。

 

これは1記事を書くのに3~4時間を必要として、週5記事を書いて、ブログ運営の保守に週2~3時間かけたという計算です。

 

  1記事の執筆 3~4時間 × 5記事 + ブログの保守 2~3時間 ≒ 20時間

 

一般的なサラリーマンの1週間の労働時間が40時間(*)なのでそれを考えると1ヶ月で2週間分余分な仕事をしてるのと同じで、何かに取り組むという意味ではかなり時間を費やしていることになります。

*法定労働時間を1日について8時間、1週間について40時間として計算。

 

このブログに費やす時間を数字で出してみて正直なところ「嘘やろ?」と感じたんですが、冷静に考えると1週間に費やす時間は「少なく見て20時間」で、多いときはもっと掛けているという結論に達しました。

 

ブログ運営当初はプライベートの時間の大半をブログ運営に費やしていましたが、今もそれなりにブログ運営に時間を費やした生活を送っていることが裏付けられたわけです。

 

世間一般的には週平均ブログに費やす時間はどれくらいなのか?

f:id:soul-vibration:20180823073842j:plain

ブログを運営している方が皆私と同じように毎週20時間近く費やしているとは思えませんが、それでも気になるので、一般的なブログ運営者の週平均のブログに費やす時間がどれくらいかという事を調べてみることにしました。

 

週平均どれくらいブログ運営に費やしているのかとう情報を調べたところ、2009年と2010年の情報ですが「ガベージニュース」様の記事で大変貴重な情報がありましたのでご紹介させていただきます。

www.garbagenews.net

 

こちらの統計の情報を引用させていただきますと、ブログ運営者の多くが「週1~3時間」をブログ運営に費やしていると回答されており、週平均20時間を掛けている方は6~7%となっていました。

f:id:soul-vibration:20180823062906j:plain

引用元:ブログ作成時間 6割は1日30分未満 - ガベージニュース

 

つまり、ブログ運営者の約50~60%が1週間にブログ運営に費やす時間が3時間未満ということになり、週のブログに費やす時間が20時間の私はかなり多いことがわかりました。

 

ただ、これはブログを生業とするプロブロガーの方も含む数値なので、一般的なブログ運営者にとってブログ運営に週20時間をというのは、費やしすぎともいえる数字です。


ブログ運営者の約50%~60%が週に費やすブログ運営時間が3時間以内で、一番割合の多い「週1~3時間」をブログに費やすというのは、仮に週に2記事更新すると考えた場合、1記事あたりに費やす時間は30分~1時間半を掛けていということになります。

 

1時間で800文字以上のしっかりとした文章を書ければよい部類に入るらしい

f:id:soul-vibration:20180823073930j:plain

私は場合は1記事を書き上げるのに必要な時間を毎回測っているわけではありませんが、おおよそ3~4時間といったところで、記事の文章量にもよりますが、1記事あたり3000~4000文字です。


1時間に書くことのできる文章量はだいたい1000文字前後ということなんですが、この「1時間に書くことのできる文章量」について面白い記事が「デジタルコンテンツ企画室」様の記事であったのでご紹介させていただきます。

digitalcontent.tokyo

 

800文字/hで書き続けることができるなら…

経験を積んでくると、1時間に800文字というペースなら、無理なく丁寧に書けるようになると思います。人によっては「そんなの遅すぎる」と思うかもしれません。

ただ、このペースを維持できると…

 

1,600文字のブログ記事なら2時間
12,000文字のセールスレターなら15時間
40,000文字の有料コンテンツなら50時間
100,000文字の書籍なら125時間

 

で書ける計算になります。

毎回、確実にこれくらいの時間で書けるライターがいたら、かなり優秀ですよね。

瞬間的にすごく早く書けたとしても、スランプに陥って何日もロスするのでは意味がありません。ウサギとカメの話じゃないですけど、コツコツ書き続けられることが大事です。


引用元:1時間に何文字書ければ「優秀なライター」と言えるのか? | デジタルコンテンツ企画室

 

こちらの記事をみると、私はやや執筆速度は速いということになるのですが、もの書きでもプロブロガーでも無い私にとっては完成度が低い分、「デジタルコンテンツ企画室」様の記事の「1時間の800文字」という数値に近いところがあります。

 

さて、皆様は1時間でどれくらいの文字数を無理なく丁寧に書けますか?

 

1万時間の法則: 人が何かに習熟してスペシャリストになるのにかかる時間について

f:id:soul-vibration:20180823074015j:plain

時間の積み重ねというのは恐ろしいものですが、私がこれまでブログ運営に費やしてきた時間を計算してみると、累積1120時間費やしてきたことになります。

 

  週20時間×4週 ×14か月=1120時間

 

累計1120時間と聞いてピンときませんが、24時間で割ると約47日間ということになります。


「人が何かに習熟して一流になるのにかかる時間」というのが累積1万時間というのをご存知でしょうか?

 

少し前に話題になりましたマルコム・グラッドウェルの著書「天才! 成功する人々の法則」によると、「1万時間の法則」というものがあり、スポーツ選手でも音楽家でも、何かに習熟して一流になるのに必要な時間は、累計1万時間の取り組みが必要だそうです。


この著書は「一流」と呼ばれる人たちがその地位にのぼりつめた背景を分析している内容で、非常に貴重な情報が詰まった面白い本です。

 

大学を卒業して新卒で仕事を始めた新人も3~4年もすれば一人前に仕事が出来るようになっているということを目の当たりにしたことがある方は多いかと思います。


少し乱暴な計算ですが、1日8時間の仕事を3年半続ければ1万時間を超える事になり、未経験の方が第一線で仕事をこなせるようになる期間に近いところがあります。

 

  1日8時間 × 3年半 ≒ 1万時間 

 

こうしてみるとマルコム・グラッドウェルの「1万時間の法則」は当てはまりことが裏付けられていることになり、「継続は力なり」という言葉がまさに真であることがわかります。

 

私の場合はブログ運営を10年続ければ一人前になれる?

f:id:soul-vibration:20180823074114j:plain

この1万時間の法則が正しいとした場合、私は10年間ブログ運営を今のペースで継続できれば、何らかの形で習熟できるということになります。

 

ブログ運営における「習熟」というのがどういったものを指すことになるかはわかりませんが、確かに10年もブログを続けている方はブログ運営を本職にしてしまう、いわゆる「プロブロガー」というような方もおられるのは確かです。

 

もしかしたら今のペースでブログ運営を10年継続し続けることができれば、生活費がブログの広告費で稼げるようになるかもしれません。

 

まー確かに、このペースで記事の執筆を続けることができれば、記事の総数が3000記事前後になるので、あながち不可能ではないような気もします。

 

最後に

f:id:soul-vibration:20180821070338j:plain
ここまでブログの週平均どれくらい時間を掛けるのかといったことと、1時間で書ける文字数や1記事を書き上げる為に必要になる時間などについてお話ししてきました。

 

私はブログ運営について週に20時間を費やしており、これは一般的なブロガーの平均からすればかなり多いことが分かりました。


執筆スピードについては1時間で1000文字前後と言ったところなので、丁重な文書を書く方の平均からはやや多いことになりますが、最終的な仕上げなどの時間を加味すると

「1時間で書ける文字数は800文字」というのはあながち外れてはいません。

 

そして、今のまま10年間ブログ運営を続ければ、「1万時間の法則」により何らかの形で習熟して結果を残せるのではと淡い期待を描けることも分かりました。

 

ブログ運営に限らず継続することによる価値というものが生まれることが改めて分かり、今回調べてわかったことが私にとってブログ運営を続ける為のモチベーションの一つになりそうです。

 

少々まとまりのない内容となってしまいましたが、私と同じようにブログを運営されている方は一度ご自身の「1週間でどれくらい時間を費やしているか」「1時間にどれくらい文章量が書けるのか」「これまでどれくらいブログ運営に時間を費やしてきたのか」を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

 

合わせてお読みください

 

合わせてお読みください。 

スポンサーリンク