魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

【確定申告】ブログ運営の経費で落とせるものは何?Amazonで買ったものは申請できる?

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20181206081452j:plain

こんにちはユレオです。

 

数あるブログの中、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧いただき、誠にありがとうございます。

 

本日の記事はブログ運営を行われている方を対象としたもので、ブログ運営で収益を得ている言わば「ブログのプロ」の方に向けたお話しです。

 

私は2017年6月よりブログ運営を始め、Googleアドセンスや各種アフィリエイトを掲載しているため、少なからずブログを運営を通して収益を得ています。

 

この収益を「副業」とみなすかどうかは微妙ですが、ブログを運営していてGoogleアドセンスや各種アフィリエイトで収益が出た以上、納税の義務が発生します。

 

私は幸いにも2018年度はブログ運営で少なからず収益が出たため、確定申告をすることになりそうなのですが、こうした手続きには慣れておらず、現在いろいろと勉強しながら来年の2月15日から3月15日の確定申告の時期に備えています。

 

本日の記事は確定申告に向けて私が調べている内容を備忘録として残す意味合いが大きく、ブログ運営での経費の扱いや申請するための証明方法やブログの広告収入を増やす方法などを記事にまとめました。

 

ブログ運営で年間20万円以上の利益が出た場合は確定申告が必要になる

f:id:soul-vibration:20180130221008j:plain

ブログ運営を始めれる方は意外と多く、学生や主婦やサラリーマンといった様々な方がおられますが、ブログを「楽に儲かる副業」と捉えてお金を稼ぐ目的でブログ運営を始める方も一定数おられます。

 

そういった方々が皆収益を得ているかというとそんなことは無くて、ほとんどの方がブログ運営を継続できずに、数多くの記事が人知れずネットの海に沈んでいきます。

 

とはいえブログを継続して運営し、Googleアドセンスや各種アフィリエイトの広告を掲載していると少なからず利益は出るもので、個人の努力次第では年間を通して20万円以上の利益を出す方もおられます。

 

私は昨年の2017年6月よりブログ運営を始めたのですが、昨年1年間(2017年1月1日~12月31日)でブログ運営で得た利益が約22万円になり、確定申告を行おうとしましたが、経費を差し引いたところ、ブログ運営で得た利益は20万円以下になりました。

 

確定申告が必要なのは「ブログ運営で得た利益」が20万円以上になった場合です。

 

今年で言うと2018年1月1日~12月31日の間で、Googleアドセンスや各種アフィリエイトで「ブログの広告収入」から「ブログ運営にかかった経費」を引いた「ブログ運営で得た利益」が20万円を超える方は、もれなく確定申告が必要になります。

 

つまり簡単に書くと以下のようになります。

 

ブログの広告収入 - ブログ運営にかかった経費 = ブログ運営で得た利益

 

この「ブログ運営で得た利益」は税収上「雑所得」として扱われ、税金を納める対象となります。

 

実は年間20万円以下の雑所得でも住民税は納めないといけない

f:id:soul-vibration:20180130221123j:plain

ブログを運営していて年間で20万円以上の利益を出すというのは、かなり難しいことですが、ブログ運営を長く継続している方であれば十分可能な金額です。

 

俺のブログは弱小ブログだから年間20万円も利益無いし、税金なんて関係ないよ。

 

このように思われている方も多いですが、じつは年間20万円以下の雑所得でも税金は納める必要があります。

 

より具体的にいうと、年間の雑所得が20万円を超えない場合でも、勤めている会社以外からの収入がある場合は「住民税」は支払う必要があります。

 

もちろん確定申告をする必要はありませんが、ブログ運営で増えた分の所得に対してしっかりと住民税が掛かるので、税務署ではなく市役所の市民税課に足を運び、住民税を普通徴収に切り替えて申請する必要があります。

 

しかし、収入を証明する書類が無いGoogleアドセンス等では、現在の仕組みでは役所が対応しきれておらず、収入を証明するのが難しいことや少額である為、黙認されているのが実情です。


さらに言えば雑所得を申請することで勤めている会社にバレるきっかけを生む可能性があります。

 

えっ!つまりどういうこと?20万以下でも税金納めないといけないの?納めないと会社にバレるの?バレないの?

 

ややこしくなりそうなのでまとめると、”年間20万円以下の雑所得でも税金は納める必要はあるが、現行の仕組みでは納めることで「会社にバレる」可能性が生まれることや、Googleアドセンス等の収入は現在の仕組みだと役所が対応できていないことや少額である為、黙認されている”ということになります。

 

これ以上の情報については個人の判断となりますが、私は昨年度はブログ運営で得た利益が20万円以下でしたが、住民税を収めようと手続きを進めました。


いずれにせよ、ブログで少しでも収益が出たのなら、市役所の市民税課に問い合わせるのが一番良いかと思います。

 

ブログ運営においてどのようなものが経費として落とせるのか

f:id:soul-vibration:20180130222209j:plain

私は昨年度はブログ運営で約22万円の広告収入を得たのですが、ブログ運営にかかった経費が約5万円であったので、ブログ運営で得た利益(雑所得)は約17万円ということになり、確定申告を取り下げることになりました。

 

この時分かったことですが「ブログの広告収入」が多かったとしても、「ブログ運営にかかる経費」も多ければ、「ブログ運営で得た利益(雑所得)」が少なくなるので、税金として納める金額が少なくなります。

 

ブログの広告収入 - ブログ運営にかかった経費 = ブログ運営で得た利益

 

では「ブログ運営にかかった経費」として落とせるものにはどういったものがあるのでしょうか?税務署に赴いて確認したところ、以下のようなものは経費として計上できるとのことでした。(*ただし、認められるかどうかは確証はないとのこと)

 

  • ブログの運営で必要になった電気代(例:電気代の2割)
  • ブログの運営で必要になった通信費(例:通信費の5割)
  • ブログの運営で必要になった機材(例:パソコン)
  • ブログの運営で必要になった交通費(例:記事の取材費)
  • ブログの運営で必要になった交際費(例:記事の対談時の飲食代)
  • 記事を書くために必要となった機材(例:パソコン、iPad)
  • 記事を書くために購入した物品(例:物品レビューの執筆で購入)
  • 記事を書くために必要な電話代(例:記事執筆での通話料)

 

こういったものがブログ運営にかかった経費として認められる可能性があるとのことでした。

 

さらに言えば、プロブロガーであれば「個人事業主」や「フリーランス」として捉えることもできるので、家賃を経費として申請することもできます。

 

さらに「個人事業主」や「フリーランス」では交際費に上限が無いため、ブログ運営で必要になった交際費は全て経費として申請できます。

 

ブログの収益が20万円を超えるのであれば、10万円以下のパソコンでも購入すると良い

f:id:soul-vibration:20180130221516j:plain

確定申告は一般の方から考えると大変ややこしいものなので、できればしたくは無いものです。

 

「ブログの広告収入」から「ブログ運営にかかった経費」を引いて、「ブログ運営で得た利益(雑所得)」が20万円を超えるのであれば、ブログを書くために必要な機材としてノートパソコンでも購入すれば「ブログ運営にかかった経費」が増えるので、「ブログ運営で得た利益(雑所得)」が20万円以下にすることが出来ます。

 

この時に気をつけないといけないのは10万円以上の品を購入する場合は固定資産として扱われるため、購入費を耐用年数に応じて経費化する必要があります。

 

こうした処理は素人には難しいのでお勧めできませんが、10万円以下の物品購入であれば簡単に節税になります。

 

つまりブログの広告収入が年間22万円あったとして、iPad(6万円)を購入してブログ運営にかかった経費として申請すれば、ブログ運営で得た利益が16万円だから確定申告しなくて良いということ?

 

ブログの広告収入 - ブログ運営にかかった経費 = ブログ運営で得た利益

(年間22万円)      - (iPad 6万円)               = (16万円)

 

はい、iPadを使ってブログを書いたりブログの保守管理をするということであれば、問題はありません。

 

領収書やレシートは必要だが、無くてもAmazonのように購入が証明できれば問題ない

f:id:soul-vibration:20180130221313j:plain

ブログ運営で経費として申請するには、それを証明するものが必要ですが、必ず領収書が必要というわけではなく、レシートでも構いません。

 

また、場合によれば支払った事実がしっかりと証明できるのであれば、領収書やレシートが無くても経費として申請することは可能です。

 

税金の申請というのは事実に基づいて行われければなりませんが、その事実がしっかりと証明できれば良く、領収書やレシートはそれを証明する手段の一つでしかありません。

 

その為、証明さえできれば問題は無いのですが、そうした煩わしさをなくすためにも、ブログ運営に関連する経費があった場合は、必ず領収書やレシートを受け取るようにすることをお勧めします。

 

じゃあ、Amazonで買い物したものはどうなの?領収書やレシートが無いけど?

 

そうしたものは個人アカウントに紐づく形で購入履歴で証明できるので、領収書やレシートが無くても経費として申請することは十分可能です。

 

ブログ運営で確定申告できるような収益を無理せず得る方法について

f:id:soul-vibration:20180913220701j:plain

ここまでブログ運営にかかった経費として認められるものがどういったものがあるのか、それを証明するにはどういうものが必要なのかというお話をしましたが、いずれにせよブログの広告収入を増やさなければ、こうしたお話は意味を成しません。

 

その為、ブログ運営における収益を増やすことも必要となり、ブログで副収入を得たいと考えている方の多くは収益を増やすことを重視します。

 

そうした方をターゲットとして、世の中の多くのWebサイトでは次のような謳い文句でセミナーや有料のメールマガジンや有料Noteを販売しているサイトがあふれています。

 

  • 1日5分の作業で月10万円の副収入を得たいあなたに!
  • ブログ初心者が不労所得を得る方法!完全放置で稼ぐブログの作り方とは?!
  • まだ都会で消耗してるの?まだブログを始めてないの?

 

いきなり出鼻を挫くようで申し訳ありませんが、ブログでお金を稼ぐというのはそんなに甘いものではありません。

 

とは言え、先ほど少し触れましたが、ブログ運営を続けていれば、お金を稼げるのは事実で、上手くいけば年間20万円を超えることもあります。

 

しかし、Google アドセンス等のクリック保証型の広告は収益が発生しやすいですが、アクセス数が少ないうちはまとまった収益にはつながりません。

  

記事を読みに来られる方は記事に関連するキーワードを調べている

f:id:soul-vibration:20180503234611j:plain

ブログで収益を得る方法はいく通りかありますが、広告収入を大きく分けると以下の2つのタイプになります。

 

  • 「もしもアフィリエイト」等の成果報酬型の広告
  • 「Google アドセンス」等のクリック保証型の広告

 

「もしもアフィリエイト」等の成果報酬型は収益を得るには難易度が高いものですが、収益が出る場合は「Google アドセンス」等のクリック保証型の広告よりもはるかに収益が大きいです。

 

だけどブログでは好きなことを自由に書きたいし、広告の為に詳しくない商品の説明や紹介の記事とか書くの大変だし、何より楽しくない。

 

このように思われるかと思いますが、「好きなことを自由に書いて広告も掲載する」ということは可能です。

 

つまり次のように考えれば良いのです。

 

  1. ブログ記事として自由に好きなことを書く。
  2. 好きに書いた記事に関連する内容の成果報酬型の広告を探す。
  3. 該当する広告があれば、その広告の記事を掲載する

 

例えば現在あなたが転職活動をしていたとして、そうした転職活動の日々を記事として公開するブログ運営を始めたとします。

 

そうした記事に興味を持ち読みに来てくれる方は、同じように転職活動をしている方です。

 

その転職活動の日々を語った記事に転職活動を支援する企業の広告を掲載することで、クリックされる確率が上がります。

 

掲載した直後に収益が出ることを期待する必要ありません。あなたの好きな記事を自由に書いた後に、偶然にも記事の内容に関連するような広告があれば、それを掲載して放置しておけば良いのです。

 

「もし偶然にも広告を利用してくれる方がおられればラッキー」というぐらいに考えていれば好きな記事を書いていても収益を得られるブログ運営が行えます。

 

もしもアフィリエイト等のASPに登録して成果報酬型の広告を上手く利用する。

f:id:soul-vibration:20180503235019j:plain

アフィリエイトを始めるには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録する必要があります。

 

ASPは様々な業者がある為、好みの業者を選択すればよいのですが、私はインターフェースが使いやすく、自分の運営しているブログの記事に合った広告を提案してくれる「もしもアフィリエイト」を利用しています。

 

「もしもアフィリエイト」には「自動マッチング」という機能があり、運営するブログの記事に該当する広告があれば、もしもアフィリエイト側から「〇〇の記事にこちらの広告を掲載してはどうですか?」と提案してくれます。

 

「自動マッチング」とは以下のような形で記事に合う広告を提示してくれます。

f:id:soul-vibration:20180503232401j:plain

 

上記の画像からでは分かりにくいかもしれませんが、以下のようなことが書かれています。

 

もしもアフィリエイト先生:

「〇〇の記事はgoogle検索のキーワード「△△」で掲載順位が◆位ですよ。だからこちらの広告を掲載してみてはどうですか?新規に広告を掲載した場合は●円の報酬が得らるかもしれませんよ。」

 

この「自動マッチング」という機能は大変面白く、記事の検索順位等を考慮してマッチングする広告を探してくれるサービスです。


「新規広告掲載による参考報酬」などの数値を表示しては1ページあたりクリック数100と仮定し、「クリック数[100]×平均CVR×平均成果発生単価」のマッチングプロモーション合算を出してくれるなど、成果が上がりそうな広告を提案してくれます。

 

ただブログの情報収集に時間がかかるので、もしもアフィリエイトに登録直後では「自動マッチング」は利用できませんが、登録してしばらくすると様々な広告掲載の提案をしてくれます。

 

「自動マッチング」以外の広告はすぐに利用できるので、掲載したいと思える広告を自分で見つけて掲載することは最初から出来ます。

 

「もしもアフィリエイト」は無料で利用出来て将来に向けたブログでの収益につながるので、興味がある方は無料会員登録をしてみてはいかがでしょうか。 

   

最後に

f:id:soul-vibration:20180913074624j:plain

ここまで確定申告に向けて私が調べている内容を備忘録として残す形でブログ運営での経費の扱いや申請するための証明方法と、ブログの広告収入を増やすためのコツといった、様々な内容を記事にまとめてきました。

 

ブログ運営者で確定申告をする必要がある方というのはそれほど多くは無いと思いますが、いざ自分の運営しているブログで大きな収益が出たときに、正しく行動をとらないと、勤めている会社に副業がばれたり、国から目をつけられて税務調査が来るということも起こります。

 

そういったことにならないようにしっかりと下調べしておくことは無駄ではなく、税金に対して万が一に備えていることは「ブログ運営の一環」とも言えます。

 

私も素人ながら様々な書籍を読んだりしており、そうした知識を忘れないようにするためにも、このような形で記事にまとめることにしました。

 

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

 

合わせてお読みください。 

スポンサーリンク