魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

断酒の為の薬「レグテクト」の感想|飲酒要求を抑える効果と特徴について【お酒を止める薬】

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180228194516j:plain

こんにちはユレオです。
 
私は現在2年以上断酒を続けており、お酒に執着を持たなくなってきていますが、かつては断酒が大変つらくて苦しんだ時期がありました。
 
断酒の苦しみというのは様々ありますが、離脱症状の苦しみや不眠症など身体に影響するものから精神に影響するものまで様々です。
 
私は過去何度か断酒に失敗したことがあり、そのたびに断酒を再開するのですが、今回の断酒を成功するにあたり、薬の力を頼りました。
 
断酒の為の薬は断酒での一番つらい時期に使用することで、苦しみを軽減してくれました。
 

断酒に役立つ薬「抗酒剤」とは

酒を断つための薬は昔から存在し、有名なのは抗酒剤(*)である「シアナマイド」「ノックビン」です。
 

f:id:soul-vibration:20180228195502j:plain
【抗酒剤とは】
抗酒剤は一時的にお酒に対して、非常に弱い体質をつくる作用があります。特にお酒に弱い人は飲酒するとすぐに顔が赤くなり、さらに飲酒すると頭痛や吐き気など不快な症状が出てきます。元々お酒に強い人にこれらのお酒に対する反応を起こし、お酒を飲めなくするわけです。
 でも、この抗酒剤を飲んだからといって、けっしてアルコールが嫌いになったり、アルコール依存症が治るわけではありません。ただ、酒害者が自らのアルコール問題に気づき、断酒を決意してそれを実行に移そうとしたときに、この抗酒剤を服用すると断酒の継続が少しでも容易になるという効果が発揮されるだけです。また、抗酒剤さえ飲んでいれば、断酒を続けることができるかといえば、そんなわけではありません。断酒会やAAなどの自助グループへの出席、専門医療機関への定期的な通院などと併用してその効果が生かされるのです。


 抗酒剤には、水薬であるシアナマイドと粉薬であるノックビンの二種類があります。どちらも、一日一回服用すればその効果が生じてきます。前者は無味無臭であるため、以前は家族がアルコール依存症者本人に内緒で味噌汁やお茶に混ぜて飲ませることもされていました。しかし、これだけでお酒がやめられるわけではなく、逆に薬を黙って飲まされていたことが本人にわかったときに、家族への反発を生じさせるだけです。また、身体に危険が及ぶこともあり、患者の人権を侵害しているとも考えられます。
 抗酒剤は、酒害者自身がその効果を自覚し、自らすすんで服用したときにその効果を発揮します。いやいや飲んでいたのでは、意味がありません。ただし、一部の専門医療機関で入院中に抗酒剤を服用するよう指導しているところもあります。それには、抗酒剤服用というよい習慣を入院中から身につけるため、また副作用の出現を見るためといった理由があります。


 断酒を継続していると、強烈な飲酒欲求が湧いてくることがあります。これは病気の症状として生じるもので、アルコール依存症者ではいつ誰に起こっても何の不思議もありません。そんなとき抗酒剤を飲んでいると、アルコールを口にすることが出来ないというあきらめが出来るため、必要以上に悩むことがありません。


引用元:http://www.kochi-al.org/url/koushuzai.html


抗酒剤とはを「お酒を飲めなくする薬」と思われている方が多いかと思いますが、これは誤りで、普通に飲酒することが出来ます。

ただ、抗酒剤を飲んだ後にお酒を飲むと、体内でアルコールが分解できず酷い二日酔いの状態になり苦しみます。

下手したら苦しみのあまり意識を失うこともあります。

「こんな苦しみを味わうなら酒やめるわ・・・」

と仕向けるのが抗酒剤の効果なのですが、抗酒剤を飲んだとしても飲酒要求は無くなることはありません。

つまり、
 
「飲みたいけど飲んだら苦しむ。苦しむから飲みたくなくなる、けど飲みたい!」
 
と謎の思考ループに陥り、身体的にも精神的に苦痛を味わうことになります。
 
こうした効能であることを知り、「シアナマイド」や「ノックビン」は私には合わないと思い見送りました。
 

「飲酒要求を抑える」という効果がある「レグテクト」の登場

しかし、近年新しい断酒の為の薬である「レグテクト」が登場しました。
  

f:id:soul-vibration:20180228195934j:plain

【レグテクトとは】
レグテクトの有効成分であるアカンプロサートは脳に作用し、アルコールに対する欲求を抑える効果があるとされています。
アルコール依存症の場合は、飲酒によってグルタミン酸作動性神経活動が活発になります。
そして興奮状態をもたらすグルタミン酸が減少してくると、強い飲酒欲求を感じます。
ところがアカンプロサートは、グルタミン酸作動性神経の働きを抑制する作用があります。
そのためレグテクトを服用すると脳が興奮を覚えなくなり、飲酒に対する欲求も抑制されるのです。
脳神経の興奮が抑えられるため断酒を維持しやすくなる効果が期待できます。

抗酒薬の作用はお酒に対する恐怖心が植えつけられることですが、レグテクトの場合は脳に作用します。あくまでも脳内に対してダメージを与えるわけではないために、そこまで悩むことではありません。
アルコール依存症の人は、肝臓や腎臓などに障害があることも多いので、抗酒薬の服用には慎重である必要があります。
体に負担を与える抗酒薬は肝硬変がある方に投与することはできません。
レグテクトは肝臓にかかる負担が比較的少ないとされています。
 

 

この薬は私が求めていたような効能であったので早速この薬を購入して試しました。
 
レグテクトの優れた点として、下の写真のこのような錠剤で持ち運びしやすく飲みやすいという点があります。

f:id:soul-vibration:20170613211442j:plain


レグテクトは飲酒欲求抑える効果があり、簡単に言うと「お酒を飲みたい気持ちが減る薬」です。

これまでの抗酒剤とは異なり飲酒要求を抑えれることが出来て精神的な苦痛を抑えることが出来るので断酒には大きな成果が期待できる薬です。

ただ、レグテクトは抗酒剤のような身体的な影響が無い為、お酒を飲んだとしてもアルコールの分解が阻害されることは無く苦痛を味わうことはありません。

そのため身体的な抑止力が働かない為、「お酒を止める」と強い意志を持っていない人には全く効果がありません

しかし、言い換えれば誤ってお酒を飲んでしまったとしても身体には安全ともいえます。

 

断酒の為の薬「レグテクト」はどこで購入できるのか

f:id:soul-vibration:20171011095202j:plain

レグテクトは残念ながらドラッグストアでは売っておらず、個人輸入で購入することもできますが、保険が効かず全額負担になるため高くつきます。

私は出来れば安く手に入れたいと考えてアルコール依存症の専門医療機関の専門医に処方を受けて病院で処方してもらいました。

流れとしては病院のアルコール依存症専門外来に行き「断酒したいのでレグテクトください」と言えば出してもらえます。

アルコール依存症専門外来が無い場合は、内科でも対応できるところもあるそうです。

ただ、医師の診断の結果が「レグテクト」が最適でないと判断した場合はその限りではありません。
 
先ほどもお話しましたが、「レグテクト」は本人の断酒の意思が無いと効果が薄いからです。
 

「レグテクト」のお値段は?

f:id:soul-vibration:20171011095305j:plain

この「レグテクト」ですが、2013年から日本で発売されるようになった比較的新しい薬ということもあるのか、お値段がそこそこします。
 
初診+1ヶ月分のレグテクトで健康保険を適用して9000円ほどの自己負担になりました。

薬代だけでいうと自己負担が1日200円で、保険が効かなかったら1日600円といったところでしょうか。

そんなわけで、私は1ヶ月分処方してもらいました。

薬としては高いと思いますが、これを飲むことで酒を止めれると思えば安いものです。

飲酒要求を抑える薬「レグテクト」を飲んでみた感想

f:id:soul-vibration:20171011095650j:plain

レグテクトを飲んだ感想は、「あーなるほどこういうことね・・・」って感じです。

「なるほどねー」では分かりにくいのではっきり言うと、薬の効果は感じられました。

「レグテクト」を飲むと今まで飲酒要求が湧いてた状況、例えば仕事が終わって家についていつもなら晩酌したいと思う状況で不思議と飲酒要求が湧かなくなりました。

もちろん飲酒要求が湧かないだけで飲むこともできるのですが、「お酒を飲む理由がない」という気持ちになります。

分かりやすく”飲酒要求”を”食欲”に例えると、、、、

空腹時は「食べたい!」と思いますが、満腹時は「食べたい!」と思わないですよね。レグテクトは空腹はそのままですが、空腹時でも「食べたい!」と思う気持ちが抑えられるといった感じです。
 
ただ、これは個人的にそう感じたことで、万人がそう感じるかというと難しいところですが、私は効果を体感することが出来ました。

こうしてレグテクトを飲み始めて本格的な断酒を再開しました。
 

スポンサーリンク

断酒の為にノンアルコールビールを飲むという選択もある

レグテクトを飲み始めても飲酒要求をすんなり抑え込むのが難しい人もおられるかと思います。

 

気休め程度にはなりますが、アルコールを避けるためノンアルコールビールを選択するというのは、飲酒要求をコントロールするのにそれなりに有効です。

 

私の個人的におすすめするノンアルコールビールをご紹介したいと思います。 

 

 

ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー

プレミアムモルトとファインホップと天然水のみを原料にするという、本場ドイツの「ビール純粋令」を厳格に守り創業385年の老舗ブルワリーと共同開発した商品です。


贅沢な原料と贅沢な本格醸造製法を採用して、最先端の脱アルコール技術で本場ドイツビールの自然なままの味わいを実現しています。

 

味わい深くてなめらかな喉ごしで、人工甘味料や添加物が入っておらず風味があります。

 

龍馬1865

麦芽100%にこだわったノンアルコールビールで、ドイツビール並みの麦の香りと苦みが味わえます。

 

プリン体がゼロでカロリーも11kcal(100ml あたり)と低めで、健康に考慮した方におすすめです。


くせがなくてすっきりした味わいで、香料や保存料・着色料は無添加です。 

 

アサヒ ドライゼロ ノンアルコール

日本産ノンアルコールビールの製法で最もビールに近い味しているノンアルコールビールだと思います。

 

スーパードライの風味の”ドライな喉ごし”と“クリーミーな泡”を再現しており、ビールとしての飲みごたえを感じます。

 

また、糖質・カロリーゼロで健康を意識している方にもお勧めで、日本産ノンアルコールビールもここまで来たかと感じさせる一品です。

 

キリン 零ICHI

キリン 零ICHIは「一番搾り製法」で麦のうま味をていねいに引き出しており、おいしさをゆっくり味わえるノンアルコールビールです。

 

「一番搾り製法」でビールのうま味が再現され、キリンビールが好きな方にはお勧めです。

 

人工甘味料がゼロでビールの苦みと喉ごしが特徴的です。

 

サントリー オールフリー

サントリー「オールフリー」は世界初のノンアルコールビールで「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「プリン体ゼロ」の実現しています。

 

健康志向の方にはお勧めで、カロリーゼロ、糖質ゼロでも味わいはビールを再現しており人気があります。

 

気になる成分が全て”ゼロ”といろいろと欲張りなノンアルコールビールです。

 

スポンサーリンク

最後に

その後、私はレグテクトを飲みながら断酒を続けて、1ヶ月分のレグテクトを使い切るのに半年かかりました。
 
始めは毎日3回飲んでいたのですが、そのうち回数を減らすようになり、3か月後くらいからは飲酒要求が湧きそうなときだけ飲むようになりました。
 
断酒はそのまま継続出来て、それから2年以上断酒を続いております。
 
レグテクトのおかげで飲酒習慣を断ち切り、自然な形で断酒を継続できたことは大変大きかったと思います。
 
断酒を始める意思があるがうまくいかないという経験をされている方は、一度医師にご相談されたうえでお試しされてみてはいかがでしょうか。 

スポンサーリンク

 
合わせてお読みください 

スポンサーリンク