魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

漫画「生存 Life」の感想!手に汗握る最高に面白いミステリー・サスペンス作品

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

 

世の中には様々なミステリー・サスペンスを題材とした漫画や小説があり、映画でも多くの作品が存在するジャンルです。

 

それほど多くの作品でテーマとして取り上げられている事もあり、「◯◯の作品は△△に似ている」というようなものが偶然にも生まれることがあります。

 

このジャンルは競争が常に行われる上、読者も目が肥えている方が多い為、傑作が生まれたとしても、有象無象の作品と扱われて埋もれてしまうことがあります。

 

本日ご紹介する漫画はそんな競争の激しいミステリー・サスペンスを題材とした漫画のなかでも、とりわけと光る作品です。

タイトル:生存 Life
作者  :原作.福本伸行 漫画.かわぐちかいじ
連載期間:2000年
巻数  :全3巻

 

この漫画は福本伸行とかわぐちかいじの最高のタッグを生んだ、1999年の長野県を舞台に娘の殺人事件をめぐる父親が命を懸けて真実を追うミステリー・サスペンス漫画です。

 

原作を「カイジ」で有名な福本伸行が担当して、漫画を「沈黙の艦隊」で有名なかわぐちかいじが担当するという、漫画界の巨頭が手を組んだ作品です。

 

もうタイトルページの「福本伸行×かわぐちかいじ」だけで面白いことが間違いのないオーラを醸し出しています。

最高に面白いミステリーサスペンス漫画「生存 Life」のあらすじ

1999年の長野県を舞台にしたミステリー・サスペンス漫画で、無念の死を遂げた娘の空白の14年間を埋める為に父が命を懸けて真実を追う物語です。


主人公の武田信太郎は大手建設会社の専務を務めるサラリーマンですが、妻にガンで先立たれ、娘は14年前に失踪して行方不明になっていました。


信太郎は医師により肝臓がんで余命半年の宣告を受けて失望し、妻の闘病生活を見てきたこともあり、延命治療をするくらいなら自らの手で死のうと、自殺の準備を進めていました。

 

欄間に吊るしたロープに手をかけていたところ、警察から電話があり、14年前に失踪した娘の佐和子の遺体が発見されたことを知らされます。

引用元:生存 Life


そして遺体の状況から娘の佐和子は事件に巻き込まれたことが分かり、殺人事件として捜査されることになります。


自分に残された余命と娘に対する殺人の時効が重なるように残り半年であることに運命を感じた信太郎は、会社を退職して残された余命を使い、娘を殺害した犯人を捜すために14年前に残した娘の痕跡に向かい合い足取りを追います。

 

「生存 Life」の感想!ミステリー・サスペンス作品の傑作!

この漫画は福本伸行が原作で かわぐちかいじが漫画を担当しているのですが、福本伸行は「カイジ」で有名で物語の構成や読者の裏をかく展開には定評があることは有名です。

 

このマンガ作品でも犯人を捜して追い詰める為に、犯人のアリバイの偽装を逆に利用し返すなど、本当に物語の先が読めません。 

引用元:生存 Life

 

14年前の殺人事件という物証が少ない中、犯人の自供が有力な証拠になる状況で、犯人を追い詰めて思考の裏をかいて自供を引き出そうとする下りは、手に汗握る展開が怒涛のように押し寄せます。

 

特に刑事事件でよく耳にする「時効」の仕組みを深く掘り下げ、時効がどのような条件で成立するのか、事件の発生日時をどのように決めるのかといった、普段知ることのない知識が身につき、これを読んでおくことで他のミステリーサスペンス物がより面白く感じるようになります。


このマンガは2002年にNHKで連続ドラマなりましたが、残念ながらDVD化はしていないようです。

 

実写化しても面白いこと間違いストーリーなので見れないのがかなり残念です。

 

ミステリー・サスペンス漫画の中でも最高の面白さで、犯人の目星がついてから犯人を追い詰めるまでに1巻以上の話を使うなど、大変密度の濃いストーリー展開となっており、全3巻と一気に読むには最適な巻数です。

【まとめ買い】 生存 Life [Kindle版] 

 

「 かわぐちかいじ 」の他の作品と当ブログ記事として取り上げた作品

今回ご紹介した漫画はミステリー・サスペンス作品ですが、かわぐちかいじの作品は戦記物が多くて、政治色やミリタリー色の強い漫画が多く存在します。 

「かわぐちかいじの有名作品一覧」

沈黙の艦隊
空母いぶき
ジパング
ジパング 深蒼海流
僕はビートルズ
ライオン
獣のように
太陽の黙示録
太陽の黙示録 建国編

  

当ブログで取り上げた他の かわぐちかいじ作品をご紹介します。

 

空母いぶき /かわぐちかいじ 既刊10巻

この漫画は2010年の尖閣諸島での中国漁船衝突事件の内容と酷似した尖閣諸島の離島を舞台にした日本と中国との軍事衝突を描いたミリタリー漫画です。
中国は工作員を使い遭難者に擬装して尖閣諸島に上陸して、中国固有の領土でありることを主張します。
その後、中国海警局の船舶が侵入して威嚇射撃へ発展するなど事態がエスカレートしますが、軍事衝突を避ける為に日本政府は中国に屈する形で幕引きを行います。
これを教訓に政府は自衛隊初の空母「いぶき」が完成させて第5護衛隊を組織します。
翌年中国軍は尖閣諸島に侵攻を開始し制圧をする事態となり、軍事衝突が避けられない事態となり、艦長・秋津竜太は領土奪還作戦を遂行します。

【まとめ買い】 空母いぶき [Kindle版]

   

ジパング /かわぐちかいじ 全43巻

海上自衛隊の最新鋭のイージス艦が第二次世界大戦の日米の重要な海戦であるミッドウェー海戦の海域にタイムトラベルするミリタリー漫画です。
海上自衛隊の最新鋭のイージス艦「みらい」は邦人の救助の為、南米エクアドルへの派遣中に不気味な嵐に巻き込まれて僚艦を見失い交信不能になります。
直後に「みらい」は大艦隊に囲まれ、目視で戦艦級の船舶を確認したところ、その姿は大日本帝国海軍の象徴である戦艦「大和」でした。
このマンガは最新鋭のイージス艦が1942年にタイムトラベルする内容ですが、補給もままならない為、本来の戦力が発揮できず、よくある架空戦記ものの圧倒的な強さという面白さはありませんが、実際にイージス艦を1942年で運用するこうなるんだろうというリアリティがあります。

【まとめ買い】 ジパング [Kindle版]

 

沈黙の艦隊 /かわぐちかいじ 全32巻

極秘裏に建造された日本初の原子力潜水艦とその乗員76名が戦闘国家「やまと」として独立宣言をする政治色の強いミリタリー漫画です。
海上自衛隊の潜水艦「やまなみ」が千葉県沖でソ連の原子力潜水艦と衝突して沈没する事故が起きますが、これは極秘に建造された日本初の原子力潜水艦「シーバット」の乗員として任務に付かせるための偽装でした。
しかし、海江田はシーバットの試験航海中に米軍の監視から姿をくらまし逃亡します。
シーバットには核弾頭搭載の対艦ミサイルと魚雷が搭載され、どの国でも自由に核攻撃が出来る性能を備えていました。
その後海江田は原子力潜水艦を「やまと」と名乗り、乗員を国民とした戦闘国家として独立宣言をします。

【まとめ買い】 沈黙の艦隊 [Kindle版]  

 

合わせてお読みください  


おまけ:無料で漫画が楽しめるおすすめ漫画アプリをまとめて紹介

iPhoneやAndroidで漫画を読むためのおすすめのマンガアプリのまとめ記事です。

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあります。

無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめています。

 

スポンサーリンク