魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

有利に車を売る方法!楽天オートで1時間で車の下取りをしてもらったので手順と必要手続きを公開

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180725062137j:plain

こんにちはユレオです。

 

皆様は普段の生活の中で車を使われる頻度はどれくらいでしょうか?

 

昨今は車を所持しない方も増えてきており、レンタカーだけでなくてカーシェアなどの新しいサービスも次第に広まりつつあります。

 

車を所持するというのは維持費だけでも結構なお金がかかり、一般的なカーユーザーであれば、年間維持費は50万円近くなります。

 

駐車場代がかからない一軒家だったとしても、車を日常の生活に取り入れている方であれば、年間30~40万円ほどお金がかかるため、車は現在では贅沢品と見られるようになり、若者の中では車を持つことに興味を示さない風潮もあります。

 

そんな車のお話ですが、私は兼ねてから車を処分することを検討しており、今月ついに車を売却するという行動に出ることにしました。

 

本日は車を所持しているが維持費が高くて不要と感じている方や、車を売りたいが売却する方法がわからず困っているという方に向けて、私が実際に行った車を売却するまでの流れと、必要な手続きについてお話をしたいと思います。

 

自動車を処分するに至った理由。そもそも車が無くても問題のないところに住んでいた

f:id:soul-vibration:20180725062351j:plain

住んでいる地域やライフスタイルによりますが、車が無くても困らない生活を送っている方というのは結構おられるかと思います。

 

東京などの都市部に住まれている方は電車やバスでどこでも行くことが出来ますし、多くの場合は車で移動するよりも電車で移動したほうが早く、また目的地についた後に車を停める場所をどうするかといったことで悩むこともありません。

 

私は現在駅から徒歩5分のところに住んでおり、車が無くても全く生活に支障はない上に、「趣味が車」ということもないので基本的に車が無くても困りません。

 

私は今年に入ってから約半年間で車を利用した回数は12回と少なく、そのうちどうしても車を使わないと行けなかったケースは2回しかありませんでした。

 

多くの場合、車は「大きな荷物を運ぶ」という事で活躍しますが、今はAmazonなどを利用すれば大きな荷物も配送してくれるので、こうしたサービスを利用することで車が無くても問題なく生活することが出来ます。

 

Amazonの配送サービスの詳細やどういったものが購入できるかは、こちらの記事で詳しく触れています。 

www.tamashii-yusaburuyo.work 

私にとって自動車には年間維持費が年間37万円の価値は無い

車の維持費は個人によって差があるものですが、計算内容はだいたい同じなので、おおよその車の維持費にかかる金額というのは簡単に算出することが出来ます。

 

私の場合、車を1年間維持するための金額はこちらになります。

 

項目 金額 備考
自動車税/年 39,500円  
自賠責保険/年 16,350円  
重量税/年 7,500円  
車検代(1年・保険税抜き) 36,150円 車検費用を12万で算出
任意保険/年 64,897円  
ガソリン代/年 40,000円 燃費13km/l、1㍑130円
駐車場代/年 144,000円 1ヶ月12,000円
その他 20,000円 オイル等の消耗品
  368,397円  

  

私の場合は年間維持費の合計金額が368,397円となり、車を所持している方の中ではかなり少額となっています。

 

上記の項目で変動があるとしたら、駐車場代と走行距離によるガソリン代だと思うので、どなたでも上記表からマイカーを維持するために年間に支払っているかを確認することが出来ます。

 

車の年間維持費の詳細についてはこちらの記事で触れています。 

www.tamashii-yusaburuyo.work 

楽天オートのサービスを利用して車を売却することにした

f:id:soul-vibration:20180725062745j:plain

私はこれまで車の年間維持費を計算したり、車が無くても生活が出来るのかを検討してきました。

 

そして半年ほど私の「カーライフ」の内容を記録したところ、はっきりと私にとって車は必要ないことが分かり、「車は不要」という結論に至りました。

 

そうなればやるべきことは車を売却することですが、せっかく大事に乗ってきた車なので出来れば中古車として1円でも高く買い取ってもらいたいと思うわけです。

 

10年間乗ったとはいえかなり綺麗だし、いくらで売れるかな~ (*´∀`*)

 

今回私は楽天の車買取サービスを「楽天オート」のサービスを使うことにしました。

 

楽天オートにアクセスして査定依頼画面に進み、「車種」「年式」「名前」「住所」「連絡先」などを入力するだけです。

f:id:soul-vibration:20180725053651j:plain

 

さてさて~ 入力作業をしますか… ってこれで終わり?! ∠( ゚д゚)/


驚くくらい簡単な入力で1,2分で入力が終わっていましますが問題はありません。


私の場合は各中古車買い取り業者から電話が頻繁にかかってくるのが嫌だったので、備考欄に「お電話を頂く前にメールでの連絡をお願いします。メールを送られてない場合はお電話に出れませんのでご了承ください。」と入力しておき、メールで気になった業者に対しては、こちらから返信して電話をかけてもらうという方法を取りました。

 

Rakutenオートに登録後の1件目の中古買取業者の査定額は0円!

f:id:soul-vibration:20180725063205j:plain

楽天オートに登録して10分ほどしてメールボックスを確認したところ、5件ほど中古車買取業者からメール連絡があったので、その中から良さそうな業者を2つ選びメールで電話をかけていただくよう返信しました。

 

そうすると1件からすぐに電話がかかってきたので買い取りを依頼する車の状況をお伝えしました。

 

車の買い取りでは電話で以下のようなことを聞かれます。

 

  • 車のメーカーの車種
  • 車の年式
  • 走行距離
  • 車のグレード
  • 車検の有無と、あるならいつまでか
  • 事故歴や車の状態

 

わからないところは「わからない」と答えればよいですが、手元に車検書などがあれば受け答えに迷わず即答できます。

 

買取価格について1件目の業者からは、「走行距離は短いが10年と古い車なので値段がつかないのでタダでの引取になります」と言われました。

 

電話での買取価格の提示なので確定ではありませんが、直接見てもらって買取価格が上がるということはほとんど無いとのことですから、電話での査定で値段の折り合いがつかないのであれば買い取りを断れば良いだけです。

 

10年近く乗っている車なので安く買い叩かれると予想はしてましたが、「まさかの0円」とは思っていなかったので、せっかくですがこちらの中古車買い取り業者からはお断りすることにしました。

 

事故歴も無くて走行距離も短く、消耗品であるタイヤは「ほぼ新品」とそこそこ状態が良いので、良い値段が付くかと思ったのですが少し甘かったようです。

 

1件目は残念な結果になりましたが、気を取り直して次に電話でかかってきた2件目の中古買取業者と交渉することにしました。

 

同じように車の状態を伝えて、タイヤは新品に近いことを伝えたところ、2件目の業者は買取価格は「多くは出せないが5万円程度です」との返答がありました。

 

1件目の中古買取業者が0円だったことを考えれば、だいぶ良い条件でしたので、そのまま電話で「本日引き取りに来てください」とお願いすることになりました。

 

買取依頼をして10分ほどで中古車買取業者が到着

f:id:soul-vibration:20180725063432j:plain

電話で車の買取依頼をお願いすると、中古車買取業者の営業所が近いということもあって、10分ほどで向かうとの返答がありました。

 

いやいや、ちょっと早すぎない?落ち着こうよ (´・ω・`)

 

すぐ到着するとのことだったので、慌ただしく車検書を用意して車の中の私物を降ろしました。

 

中古買取業者は2名で来られて、車のキーを渡して状態を確認するスタッフと、今後の手続きの説明をするスタッフとで手分けして要領よく進めてくれます。

 

この時に説明の中で車の買い取りには「印鑑証明書」が必要ということを知りました。

 

今日はこのまま手続き進めて、後日印鑑証明書は他の必要書類と共に郵送で送れば良いとの説明を受けました。

 

この出張買取時に必要なのは以下の情報です。
 

  • 個人情報(住所、氏名、生年月日、連絡先等)
  • 運転免許証の番号
  • 現在勤めている会社名、会社の住所、電話番号
  • 買取金額の銀行への振込先

       *業者によって異なる可能性があるので、詳細はご確認ください。

 

何故現在勤めている会社名や会社の住所が必要なのか疑問に思ったので聞いたところ、古物商の関係で勤め先の情報が必要で、取引が終わり必要がなくなったら個人情報は処分するとのことでした。

 

そして後日郵送で発送すれば良い書類は以下の通りです。

 

  • 委任状
  • 過誤納金の受領に関する委任状(自動車税用)
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書

 

これらを1~2週間以内に送ってもらえれば良いとのことでした。

 

「委任状」「譲渡証明書」「過誤納金の受領に関する委任状(自動車税用)」も記述するのは名前と住所と捺印だけなので、面倒なことはありません。

 

書類自体はこのような簡単なもので、赤枠のところを書いて郵送するだけです。

f:id:soul-vibration:20180725055343j:plain

f:id:soul-vibration:20180725055350j:plain

f:id:soul-vibration:20180725074017j:plain

 

書類は書くところが少なくて楽なのですが、一つ面倒なのは印鑑証明書を発行する為に役所に立ち寄らないといけないことです。

 

こうして今後の買い取りの手続きの流れと必要書類の説明を聞いているうちに、車両の確認が終わったようであっさりと車両買取契約書にサインをしてお終いです。

 

この間10分ほどで、楽天オートのwebサイトに査定の依頼をweb登録してから1時間くらいで車を売却することが出来ました。

 

本当にブックオフの出張買取サービス並に簡単に車を売却することが出来ました。

 

最後に

f:id:soul-vibration:20180715205709j:plain

ここまで車を所持しているが維持費が高くて不要と感じている方や、車を売りたいが売却する方法がわからず困っているという方に向けて、私が実際に行った車を売却するまでの流れと、必要な手続きについてお話ししてきました。

 

私の場合は近所に中古車買取業者の営業所があったということもあって、車を売るためのに楽天オートのwebサイトに査定依頼を登録してから僅か1時間足らずで車の売却が成立しました。

 

まるでブックオフに出張買取りサービス並に敷居が低くて簡単に車を買い取ってもらえてしまい、世の中の買取りシステムの進歩に驚いた次第です。

 

後は印鑑証明書を役所で取得して郵送で必要書類とまとめて送れば良いだけなのですが、印鑑証明書さえ事前に取得していれば、本当に車の買い取り手続きが1時間程度で終わってしまいます。

 

またネットで一括査定できる場楽天オートなどのサービスを利用すれば簡単に少しでも有利な条件で高く買い取りをしてもらうことが出来ます。

 

営業の電話がかかってきてうっとおしいと思う方は、私が行ったように備考欄に「お電話を頂く前にメールでの連絡をお願いします。メールを送られてない場合はお電話に出れませんのでご了承ください。」と入力して、はじめはメールでのやり取りから始められるのをおすすめします。

 

車を処分する手順がわからないという方や手続きがわからず不安に思う方は、ぜひこちらの記事をご参考いただければと思います。

スポンサーリンク

 

 

合わせてお読みください 

スポンサーリンク