魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

アルコール依存症|毎年300万人が酒が原因で死亡しているのに人はなぜ酒を飲むのか?

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180927230053j:plain

こんにちはユレオです。

 

皆さんお酒を飲まれていますか? 

 

現在社会ではサラリーマンであれば会社での付き合いで飲むことや、日々のストレスを解消するために家で晩酌をするという方も多いかと思います。

 

私はサラリーマンですが現在断酒を続けており、飲み会などの付き合いに参加するもソフトドリンクで済ませるといったことを続けて、本日断酒993日目を迎えてました。

 

これまで断酒について書いてきた記事です。


私が断酒を続けている理由は、単純にお酒を控えるということが難しく感じた為で、お酒を控えて酒量を減らすことが難しいのなら、より簡単な「そもそも飲まない」という断酒をしようと考え、お酒を完全に断つことにしました。

 

一度でも禁酒をしたことがある方ならお分かりだと思いますが、お酒を習慣的に飲まれている方がお酒を止めるというのはかなり強い意志が必要です。

 

時には禁酒の決心がゆらぎ、本人の意志とは異なりお酒を飲んでしまったり、気分が落ち着かずイライラして平常心が持てないというのも珍しくはありません。

 

本日はお酒が原因で多くの方が亡くなっていることや、人がお酒を求める理由と、今後のお酒を取り巻く社会環境がどうなるのかということについてお話ししたいと思います。

 

WHO(世界保健機関)の報告書では毎年アルコールが原因で世界で300万人以上が死亡している

f:id:soul-vibration:20180927224030j:plain

引用元:JNN

人が死亡する理由は様々で、ニュースに取り上げられる殺人事件や災害などが印象として残りますが、そうした事件や災害よりも圧倒的に人を死に追いやる身近な飲み物が存在します。

 

それは皆さんが普段飲まれているお酒なのですが、それを聞いていかがでしょうか?またお酒による死者が年間300万人以上と聞いてどう思われますか?

WHO=世界保健機関が21日、「アルコールが原因で世界で毎年300万人以上が死亡している」とする報告書を発表し、各国に対応を急ぐよう警告しました。

WHOによりますと、アルコールの過剰摂取が原因で死亡する人は毎年300万人以上に上り、その7割以上が男性だということです。アルコールの過剰摂取が原因で死亡する人の死因で多いのは、全体の28%を占める交通事故や自傷行為で、このほか、消化器系の疾患や心臓血管系の病気も主な死因に挙げています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180922-00000072-jnn-int

 

人の死亡原因の統計を見ると2016年は世界全体では5690万人が死亡しており、一番の原因は「虚血性心疾患」や「脳卒中」などが1520万人で、道路交通傷害でによる死亡者数が年に140万人と考えると、10倍以上となっています。

「死亡原因トップ10」

2016年の世界全体で5690万人の死亡のうち、半分以上(54%)はトップ10の原因によるものであった。

虚血性心疾患と脳卒中は、2016年あわせて1520万人の死亡を数え、最大の死亡原因である。これらの疾病は、過去15年の世界の主要死亡原因であり続けている。

慢性閉塞性肺疾患は2016年300万人の命を奪う一方、肺がん(気管及び気管支のがんを含む)は170万人の死亡原因となった。

糖尿病は2000年には100万人以下だったのが増加し、2016年には160万人の死亡原因となった。

認知症による死亡は2000年から2016年の間に倍以上となり、2000年の世界の死亡原因第14位に対し2016年では第5位となった。

下気道感染症は、死亡原因となる最も多い感染症であり続けており、2016年世界で300万人が死亡している。

下痢性疾患による死亡は2000年から2016年の間にほぼ100万人減少したが、2016年でもなお140万人の死亡原因となっている。

同様に、結核の死亡者数も、同じ期間に減少したものの130万人が死亡し、原因トップ10に並び続けている。

HIVエイズは、2000年に150万人だったのに比べて2016年には死亡者数が100万人となり、世界の死亡原因トップ10からは外れている。

道路交通傷害では2016年に140万人が死亡しており、その4分の3(74%)は男性及び男児である。

引用元:https://www.japan-who.or.jp/act/factsheet/310.pdf


結局のところ、お酒が直接の死因になっているわけではありませんが、お酒が原因で体を患い死亡するケースや、飲酒運転による死亡事故など、お酒は間接的に様々な死亡原因になっており、それが年間300万人以上に達しているということでした。

 

こうした状況を打破するために、WHOは面白い試みを各国に提案しています。

 

WHO(世界保健機関)は酒税を上げてアルコール飲料を高くすることでアルコールの消費量を下げようとしている

f:id:soul-vibration:20180927224317j:plain

引用元:JNN

WHOによると世界で2億8000万人がアルコール依存症などのアルコールが原因と考えられる病気に苦しんでおり、そうした人々を救うためにもアルコールの税率を上げるように対応を進めているそうです。

世界でおよそ2億8000万人がアルコール依存症などアルコールと関係する病気に苦しんでいるということで、WHOは各国にアルコールの税率を上げるなどの対応を急ぐよう警告しています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180922-00000072-jnn-int

  

この流れは近年のタバコに似ており、タバコはここ20年で大きく状況が変わり、今や一箱500円に届くまで値上がりしており、その甲斐あってか喫煙率は低下しています。

 

タバコの値段が上がることでタバコの売上本数も減っており、今ではピークの頃の半分まで減っています。

f:id:soul-vibration:20180927224522j:plain
引用元:https://note.mu/tsukamoto/n/nb8a3e669a406

 

タバコは現在では喫煙者が減り、消費量も下がっているため、WHOのいうアルコール依存症やアルコールが原因と考えられる病気に苦しんでいる人々を救うために、アルコールの税率を上げるというのは正しい判断なのかもしれません。

 

なぜ人はお酒を飲みたくなるのか?お酒を飲むことで酩酊感を得るというのは、脳にとっては薬物を求めているのと同じことである

f:id:soul-vibration:20180927230631j:plain

お酒を飲みアルコールを体内に摂取すると胃で20%、腸で80%が吸収されて血液中に含まれ全身に廻り、その血液が肝臓に到達するとアルコールは酢酸(アセテート)に分解されます。

 

こうして生まれた酢酸(アセテート)は再び血液で運ばれ、全身の筋肉や脂肪組織などで水と二酸化炭素に分解された後に、呼吸や尿や汗という形で体外に排出されるのですが、全てのアルコールが分解されるわけではありません。

 

アルコールは血液に循環されて脳に到達し、アルコールが脳の神経細胞に作用して麻痺させて、人の理性をつかさどる大脳皮質の活動が低下します。

 

この結果、抑えられていた大脳辺縁系と呼ばれる人の本能や感情をつかさどる部分の活動が活発になります。

 

この時に人は「セロトニン」と呼ばれる神経伝達物質の分泌が促され「不安」「悩み」等の心理が和らぎ、普段抑え込んでいた感情を開放するのでストレスの解消になります。

 

また、アルコールが脳に作用して楽しさや心地よさといった感情を生む「ドーパミン」と呼ばれる神経伝達物質の分泌が促されます。

 

「ドーパミン」は「楽しい」「幸せ」を感じる時に分泌される神経伝達物質で、このような神経伝達物質が生まれている時の感覚を脳が記憶してしまい、神経伝達物質を出し続けてようと脳がアルコールを摂取させるために自分自身に嘘をついてお酒を飲まそうとします。

 

その些細な嘘の一つが「禁酒中だけどお酒は健康に良いっていうし、少しだけなら良いだろ」というような言い訳で、本当は「脳内に神経伝達物質をドバドバ出したい」という脳が求める本能をオブラートに包んで自分自身をうまく騙まして理由を付けさせて飲まそうとさせています。

 

これは最早、薬物を求める患者の脳内で起きていることと同じで、酒量を間違えたり、長期で飲み続けることは少なからず脳に影響をもたらします。

 

酒税が上がることで今後お酒は今よりも飲む人が減っていくと思うが、より強いお酒が一般化すると思う

f:id:soul-vibration:20180927230913j:plain

社会全体で言えば、酒税が上がることでアルコールの消費量は今後どんどんと減っていくと考えていますが、価格が上昇することで、より効率的に酔うために、アルコール度数が強いお酒が市場から求められるようになると個人的には考えています。

 

最近コンビニ大手のローソンとポプラがアルコール度数12%の缶酎ハイ「スーパーストロング12レモン」の販売を始めたというニュースで話題になりました。

 

サントリーのストロングゼロに代表されるアルコール度数9%の缶酎ハイを「ストロング系缶酎ハイ」と呼ばれていますが、その9%を上回る12%の商品となっています。

 

アルコール度数が12%ということは500ml缶でアルコールが60ml含まれることなり、ビール500ml2缶よりも多くのアルコールが含まれることになり、また1缶165円なので、ビール500ml2缶が約500円分と考えると、1/3ほどの値段で済むため、酔うという目的であればかなりコストパフォーマンスが良いことになります。

 

ストロング系缶酎ハイのアルコール度数は年々上がっており、以前はアルコール度数が6%ぐらいでも「ストロング(STRONG)」の名がついていましたが、いつの間にやらアルコール度数が9%がストロング系缶酎ハイとして一般化しています。

 

ローソンが発売している「スーパーストロング12レモン」がヒットすれば、他のメーカーも続く事になり、アルコール度数12%の缶酎ハイの市場が確立され、ストロング系缶酎ハイの標準がアルコール度数12%となるのではないかと私は予想しています。

 

今後はお酒に対する規制も増えるのではないだろうか

f:id:soul-vibration:20180927231806j:plain

アルコールの税率が上がり、アルコール度数の強いお酒が一般化すれば、社会全体の酒量の消費は減ったとしても、一部のお酒を飲む人にとっては酒量が増える環境になるため、そうした人たちに対しての対策が講じられるのではないかと考えいます。

 

タバコの分煙化が進んだり、吸える場所が限られるようになったように、何らかの目に見える形でお酒の規制が行われるのではないでしょうか。

 

流石に禁酒法(*)のような極端なものはないでしょうが、24時間好きなときにコンビニやスーパーでお酒を購入できなくなり、アメリカやヨーロッパのように購入できる時間帯が規制されるというのは十分に考えられます。

「禁酒法とは」
アメリカ合衆国史における禁酒法(きんしゅほう、英語: Prohibition)は、1920年から1933年までアメリカ合衆国憲法修正第18条下において施行され、消費のためのアルコールの製造、販売、輸送が全面的に禁止された法律である。

引用元:アメリカ合衆国における禁酒法 - Wikipedia

 

最後に

f:id:soul-vibration:20180927232036j:plain

ここまでお酒が原因で多くの方が亡くなっていることや、人がお酒を求める理由と、今後のお酒を取り巻く社会環境がどうなるのかということについてお話ししてきました。

 

お酒により毎年世界で300万人以上の方が亡くなっているというのは驚きの数値ですが、お酒という飲めば脳に影響を与え、気分が高揚して量を間違えれば酩酊し、場合によれば意識を失うという飲み物がスーパーやコンビニで市販されており、それにより年間300万人以上の方が亡くなっているという数値は冷静に見れば不思議ではないのかもしれません。

 

何よりお酒の問題は長年にわたり飲酒していると、それが常態化することで脳がアルコールを求めて本人の意志ではコントロールできずに依存してしまうことで、お酒を止めたり控えたりするためにアルコール依存症の治療の為の専門外来があるほどです。

 

お酒を止めるというのはそれだけ難しいものなので、タバコと同じように今後はお酒も値上げされたり販売が規制されることが予想され、社会全体でのお酒に対する距離感が広がっていくのではないかと考えています。 

スポンサーリンク

 

合わせてお読みください 

スポンサーリンク