魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

漫画「亜人」の感想!不死身に表現が新しくて面白いSF超能力漫画

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

 

昔から不死身のをテーマにした映画作品や漫画や小説はたくさんありますが、皆さんは不死身と聞いてどんなキャラクターを想像するでしょうか?

 

正義や悪かは別として、どのキャラクターも強く特別な存在で、人間が束になってもかなわないようなそんな「絶対的な強者」ではないでしょうか。

 

そんな不死身のキャラクターが登場する作品は数多くありますが、本日ご紹介する漫画は不死身で特別な力を持つ存在ながらも、絶対的な数が人間よりも劣る為、人に追われて利用されながら生きる”人外の生き物”として扱われる世界のお話です。

タイトル:亜人
作者  :桜井画門
連載期間:2012年~
巻数  :既刊12巻(2018年9月現在)

 

「亜人」と呼ばれる不死身の能力を持ち「人の姿をしているが人ではない生き物」が人間社会の中に紛れ込んでいるという世界を舞台にしたSF超能力漫画です。

 

この漫画の世界では「亜人」と呼ばれる見た目は人間とは変わらず、怪我をして血を流すが、死ぬと全てがなかったかのように傷が治り蘇るという生き物が、現代社会に溶け込んでいます。

 

本人も死ぬまで亜人であることに気が付かないため、亜人はこれまで世界で47人しか見つかっておらず、亜人には高い懸賞金が掛けられ、捕まえると人体実験の素体として拘束されるなど亜人は不死身でありながら、人に狩られる対象となっています。

不死身をテーマにしたリアルな描写が面白い漫画「亜人」のあらすじ

1990年代にアフリカの戦場で死なない生物「亜人」が確認され、世界中で大騒ぎになります。

 

亜人は死亡すると驚異的な再生能力で即座に蘇る特性を持ちますが、死なない限りその特殊な再生能力が発揮されないため、死亡するまでその人物が亜人であるかどうかを知ることが出来ず、本人ですら亜人であるということに気づきません。

 

高校生で主人公の永井圭は下校途中でトラックにはねられ交通事故に遭い即死しますが、事故直後に肉体が再生して蘇り自身が亜人であることを知ることになります。

引用元:亜人

 

圭は自身が亜人であることに気づき、同時にこの事故は多くの人に目撃されて圭が亜人であることが報道されてしまいます。


亜人は希少であるため人体実験の素体として利用価値があり、懸賞金がかけられているため、政府や警察などの国家組織が捕獲しようとします。

 

圭は平穏な日常が崩れて逃亡生活を送ることになりますが、「帽子」と呼ばれる亜人の組織の男が接触してきます。

 

「亜人」の感想!現代社会における不死身の存在をリアルに描いた漫画

この漫画では「亜人」と呼ばれる不死の能力を持つ「人の姿をしているが人ではない生き物」が人間社会の中に紛れ込んでいるという事実がわかってからしばらくした世界が描かれており、圧倒的な少数で「人ではない生き物」に対する世間との対立や、亜人の扱いがリアルに描かれています。

 

亜人は死なないが、死亡後に即座に再生して蘇るだけなので死ぬまでは痛みを感じて苦しむことになり、「不死身で強い生き物」で万能という感じではなく、人間からは「追われる生き物」として描かれます。

 

この漫画の魅力として圭の明快な頭脳と、それによって導き出される合理的な行動が面白く、様々な難解な状況を打破していきます。

 

圭は亜人として生きていくことを決意しますが、そのために世間とのかかわりを断つなどの方法も考え、亜人のコミュニティーと接触を図りますが、そのリーダーと敵対することになり、利害が一致する政府組織と手を組むことになります。

引用元:亜人

 

このマンガは戦闘の描写が細かく迫力があり、物語全体を通して緊張感が続き、読者を引きつけます。

 

また「黒い幽霊」と呼ばれる亜人特有の超能力が登場して戦闘がより過激になり、戦いが主体の展開になります。

 

この漫画は実写映画化やアニメ化され、今後の展開が気になるマンガです。

【まとめ買い】 亜人 [Kindle版]

 

実写映画とアニメはこちらです。

 

合わせてお読みください  

おまけ:無料で漫画が楽しめるおすすめ漫画アプリをまとめて紹介

iPhoneやAndroidで漫画を読むためのおすすめのマンガアプリのまとめ記事です。

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあります。

無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめています。

スポンサーリンク