魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

タバコをやめる!禁酒補助薬「ニコレットクイックミスト」の感想!喫煙衝動を抑える方法

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20181123165525j:plain

こんにちはユレオです。

 

普段皆さんは健康に気を配りながら生活をされていると思いますが、健康のためにやめているものや、やめたいと考えているものはありますか?

 

もちろん私にもありますが、このように聞かれて頭に浮かぶものは「タバコ」ではないでしょうか。

 

近年は世界的に喫煙者に対する風当たりが強く、煙草を吸える場所がどんどんと減っている事や、煙草の値上がりなど、様々な要因で喫煙者の肩身はどんどんと狭くなっています。

 

煙草の煙害を軽減するものとして「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」といった加熱式タバコが登場しましたが、いずれにしてもタバコを吸うことは社会的にプラスに見られないようになりました。

 

こうした時代の流れもあり、私はしっかりとした禁煙を始めようと現在頑張っており、タバコをやめようと意識してからそろそろ半年になります。

 

元々それほどのヘビースモーカーでは無く、一日に数本程度しか吸わない身でしたが、煙草を止めてみると思った以上に依存していたことが分かりました。

 

本日は煙草に対する社会的な変化や、私がタバコを止めるために使用した禁煙補助薬「ニコレットクイックミストデュオ」についてお話をしたいと思います。

 

煙草の値上がりが厳しい!タバコをやめる理由として十分な位値段が高くなった

f:id:soul-vibration:20181123165230j:plain

禁煙を行おうとしている方の煙草を止める理由は様々だと思います。

 

私は煙草をそれほど吸う人間ではないですか、それでも1週間に2.3箱を吸うペースでした。

 

ここ数年タバコの値上がりが続き、そろそろ止めないとなーとズルズルと引きずっていたのですが、半年前にきっぱりと止めることにしたわけです。

 

物価の違いもありますが、1990年には一箱220円程度であった煙草は徐々に値上がり繰り返し、2018年には一箱450円近くまで値上がりしています。

f:id:soul-vibration:20181123171534j:plain

引用元:https://note.mu/tsukamoto/n/nb8a3e669a406

 

今後もタバコの値上がりは続くでしょうし、また加熱式のタバコも同様に値段が上がることが予想されます。

 

このような値上がりが続くことや、タバコを吸える場所が減り、最近では公共の場ではほぼ吸うことは出来ず、喫煙場所を探すことが手間に感じるようになったことも大きく、それならば「いっそうのこと煙草を止めよう!」と、一念発起することにしました。

 

煙草タバコの起源と煙草の種類について

f:id:soul-vibration:20181123162554j:plain

煙草はいったい誰が発明し、どのような種類が世にあるのでしょうか?

 

タバコの起源は紀元前10世紀頃と言われ、マヤ文明から始まった喫煙の文化はやがてアメリカ先住民(インディアン)の間に広まり、大航海時代の到来と共にヨーロッパに伝播します。

 

当時煙草は様々な薬効があると信じられたこともあり、1世紀足らずで急速に世界中に広まります。

 

タバコの種類も様々存在し「水タバコ」「噛みタバコ」「嗅ぎタバコ」「葉巻」など特殊な煙草もあります。

 

現在の日本では多くの方が「紙巻きたばこ」を吸われているかと思いますが、最近では煙害を軽減する煙草である「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」といった加熱式タバコも登場するようになりました。

 

煙草を止められない理由は煙草に含まれるニコチンを「脳」が求めているから

f:id:soul-vibration:20181123162408j:plain

ところで、なぜ人は煙草を吸いたくなるのでしょうか?

 

煙草を吸う理由は人それぞれ異なりますが、共通している煙草を求める理由は、タバコの葉に含まれるニコチンを摂取するためです。

 

多くの人はニコチンを摂取するためにタバコを吸い、健康に悪影響を及ぼすことがはっきりと分かっているにもかかわらず、タバコを吸い続けています。

 

何故身体に悪影響があることが分かっているのにタバコを吸うのかという問いについては、答えははっきりしており、単純にタバコに対して依存しているからです。

 

タバコに含まれるニコチンには、神経伝達物質であるアセチルコリンに分子構造が類似しているため、レセプターに作用することで、神経伝達物質であるドーパミンの生成が促進されます。

 

ドーパミンは脳に作用すると心地良い気分になる「楽しい」「幸せ」といった感情を生む神経伝達物質です。

 

煙草を吸うことでドーパミンなどの神経伝達物質の生成が促進される感覚を脳が記憶してしまい、神経伝達物質を出し続けてようと脳がタバコを求めて、結果「依存」してしまいます。

 

タバコによる依存性は大変高くて強い精神依存性を持ち、ヘロインやコカインよりも強い依存性を持つと言われています。

 

禁煙成功!私が煙草を止める為に行っていること

f:id:soul-vibration:20181123162746j:plain

ここまでお話したお気づきかと思いますが、煙草を止める目的は「脳がニコチンに対して依存している状況から脱すること」となります。

 

しかしながら、一度脳が煙草に依存してしまうと簡単には止めることはできませんし、突然止めるといった方法をとると、脳にニコチンが供給されなくなったことによる禁断症状が出て苦しむことになります。

 

煙草に限ったお話ではないですが、依存しているものを止めるといった場合は、いきなり完全に断つのではなくて、徐々に減らしていくという方法が精神的にも良く、結果的に身体的な影響が少なくてすみます。

 

分かりやすく言えば、煙草をいきなり完全に断った結果、イライラしたり落ち着かず仕事にならないといったことが起きないように、計画的に減らしていくことがポイントとなります。

 

また、煙草を吸う要因として、日常的なルーティンとして煙草を吸う心理的原因もあるので、食後など煙草を吸いたいと思ったら、代わりにコーヒーを一杯飲むようにするなど、別のものに置き換えるというのも有効です。

 

禁煙を無理なく成功させるには、禁煙補助薬を使うことも大変効果的である

f:id:soul-vibration:20181123162905j:plain

最終的に煙草を止めることを目的とする場合は、徐々に減らすというのは難しく感じる方もおられます。

 

そういった方にお勧めなのが、ニコチンの接種を煙草からではなく、禁煙用補助薬で補うという方法です。

 

私が禁煙のために使った禁煙補助薬は「ニコレットクイックミストデュオ」というものなのですが、こちらは小型のスプレータイプの禁煙補助薬で、一見薬のようには見えません。

 

この商品は1セット2本入りでお得感があり、またスプレー1本で150回分となるので計300回分使用できます。

 

「ニコレットクイックミストデュオ」はニコチンをミスト状にしてスプレーを使って口から体内に摂取する方法になり、「煙草を吸いたい!」と思ったときにポケットから取り出し、口に1プッシュするだけでニコチンを接種できるので、場所を問わず離脱症状を緩和させることが出来ます。

 

何より素晴らしいのは、一見禁煙補助薬に見えないという点で、仕事中パソコンに向かいながらニコチンを接種することもできるので、わざわざ喫煙所まで移動するという必要はありません。

 

また、煙草でニコチンを摂取するのとは異なり、ミストを口からスプレーすることで摂取するため、肺からの接種ではないので肺への影響はなく、煙草を止めたことによる離脱症状を和らげる為に必要になる血中濃度を簡単に保てます。

 

使い方としては1回プッシュして、喫煙衝動が収まるかしばらく様子を見て、それでも吸いたいと思うならもう2回目をプッシュするといった感じで使いました。

 

使用上の注意を読むと1時間以内に4回以上の使用は避けて、1日のスプレー回数が64回を超えないようにする必要があるそうです。

 

「ニコレットクイックミストデュオ」を使った感想は、はっきり言って抜群の効果で、使い続けたくなる衝動すらあり、スプレーをしてすぐに喫煙衝動が収まり、2回プッシュをした場合は、しっかりと明確に「効いてる」と分かります。

 

味はフレッシュミント味で、個人的な感想としては喉をすっきりするための薬用スプレーを使った感じと差異は無くて、むしろ美味しいと感じますが、後味としてやや苦みが残ります。

 

「ニコレットクイックミストデュオ」は手軽すぎるので意識して使用回数をコントロールする必要がある

「ニコレットクイックミストデュオ」の問題としては、あまりにも手軽にニコチンが接種できてしまうため、ついつい使い過ぎることで、片手で取り出して親指でギミックを動かせばそれだけで1プッシュ出来てしまいます。

 

結局のところニコチンの接種を徐々に減らしていくことが目的なはずなのに、「ニコレットクイックミストデュオ」を、煙草を吸う回数と同じように使っていては、「脳」がニコチンに対して依存しているのと何ら変わりがありません。

 

回数を減らしたりコントロールせずに使い続けることは「煙草」から「ニコレットクイックミストデュオ」に依存先を変えただけなので、脳のニコチン依存症には解決にはなりません。

 

私はそういった脳のニコチン依存症の仕組みを理解したうえで禁煙に取り組み、徐々に「ニコレットクイックミストデュオ」の使用回数を減らしながら、現在では「ニコレットクイックミストデュオ」を使わずに過ごせるようになりました。

 

禁煙補助薬をこれまで何種類か試しましたが、スプレータイプは人目を気にせず使えることや、禁煙ガムのように口に残らないところも良く、場所を選ばすに喫煙衝動が出たときに即座に対応できるのが大変すばらしいです。

 

私はこの「ニコレットクイックミストデュオ」を安く購入するために代理店を通して購入しました。腐るものではないのでまとめて購入したのですが、こちらの店ではまとめ買いすると若干の割引が適用されます。

 

最後に

ここまで煙草に対する社会的な変化や、私がタバコを止めるために使用した禁煙補助薬「ニコレットクイックミストデュオ」についてお話してきました。

 

煙草を止めようと禁煙を始めてから計画的にニコチンの接種をへらしてきましたが、煙草を止めて思うのは煙による服への臭いがなくなるということも、メリットとして結構大きなことだと感じました。

 

煙草の本数を少しずつ減らしながら禁煙を成功させるという方法も有効ですが、日常的なルーティンとして煙草を吸う行為を止めるという意味では禁煙補助薬は有効で、どこでも場所を問わず使えるところが良いです。

 

ただ、気軽に使えてしまうため、意識的に回数をコントロールする必要があり、そうした計画性があってこそ有効に働くものだと感じました。

 

今回私が使用した「ニコレットクイックミストデュオ」は禁煙ガムなどとは異なり口に残らないことや、見た感じ喉スプレーにしか見えない為、周囲を気にせず使えたことが大変便利で、禁煙を進めるにあたって思った以上に良い働きをしてくれました。

 

今禁煙をされている方や、これから禁煙を始めようと考えている方は、ニコチンを突然断った場合は離脱症状に見舞われることになるので、こういった禁煙補助薬を利用してみてはいかがでしょうか。

 

合わせてお読みください

スポンサーリンク