魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

Googleアドセンスで月1万円の収益を得る方法【収益率の高い記事を調べる方法】

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20181109081712j:plain

こんにちはユレオです。

 

数あるブログの中、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧いただきありがとうございます。

 

本日の記事は「雑記ブログ」を運営しているブログ初心者から中級者に向けた、「ブログの収益」に関わるお話しで、興味を持たれる方も多いのではないかと思います。

 

ブログを運営している方の多くは、Googleアドセンスなどの広告を掲載しているかと思います。

 

しっかりとした広告収入を得ているかどうかについては、それぞれ個人差があるかと思いますが、広告を掲載していれば収益が発生し、広告収入を得られているのではないでしょうか。

 

Googleアドセンスの広告収入でどれくらいの収入を得ているかというのは運営しているブログごとに差がありますが、少額でも収入が得られるというのはブログ運営の醍醐味と言えるのではないかと思います。

 

こうしたGoogleアドセンスの収益について、広告の掲載の仕方や、どういったところに広告を掲載すると良いのかという点に付いて、多くのブログ運営者が実験を行い工夫を重ね様々な情報が飛び交っているかと思います。

 

本日は私が行っているGoogleアドセンスの収益を上げる方法についてと、収益率の高い記事がどういったものなのかを理解して記事を書く考え方のお話しをしたいと思います。

 

※これからアフィリエイト始めたい方は無料登録で報酬アップや特別報酬もある「もしもアフィリエイト」がおすすめです。 

Google AdSense(アドセンス)の広告の仕組みについて

f:id:soul-vibration:20180913220701j:plain

ブログを始められた方の多くが、ブログで収益を出すためにGoogleアドセンスの利用を申請し、審査に合格して広告をブログに掲載して収益を得ているかと思います。

 

Googleアドセンスは広告コードを記事に掲載しておくだけで、関連性が高い広告を記事の内容から自動的に掲載してくれます。

 

また、収益性も考慮して、広告単価が高いものを自動的に選んで掲載してくれますし、何よりユーザーごとに合わせた広告を掲載するので、Aさんのパソコンで見た記事に表示された広告と、Bさんのパソコンで見た記事の広告は内容が異なり、それぞれの方の興味を持っている分野に関する広告を提示します。

 

こんなに素晴らしい広告システムなのに、Googleアドセンスは利用料などは不要で、記事を読みに来てくれた方が広告をクリックするだけで報酬が発生する「クリック保証型の広告」となっています。

 

Googleアドセンス以外の「クリック保証型の広告」もありますが、Googleアドセンスは「クリック保証型の広告」の中でも最もクリック単価が高くて広告が豊富なので、ブログ運営者にとっては非常に魅力的です。

 

例えば、「転職」に関するテーマの記事にGoogleアドセンスの広告を掲載していれば、「収益性が高い転職に関連する商品の広告」が自動的に掲載されるので、転職を考えて記事を読みに来ていただいた方にクリックされる確率が高まります。

 

こうした仕組みがあるおかげで、広告をわざわざ張り替えたりすることなく記事に関連した内容の広告を自動的に効率よく広告を掲載してくれるわけです。

 

ブログ運営者の多くが収益を得るための広告サービスとして利用しているだけあって、大変仕組みとしてよくできており、Googleアドセンスが利用料なしで使えるというのは本当にすごいと思います。

 

Google AdSense(アドセンス)の平均クリック単価はいくらなのか

f:id:soul-vibration:20181109081803p:plain

Googleアドセンスの広告のクリックによる利益(クリック単価)は広告ごとに異るため、一概に言えませんが、1クリックあたり30円前後と言われています。

 

このクリック単価は時期によって平均値が高くなったり変動しますし、パソコンでクリックした場合とモバイルでクリックした場合とでは値段が異なるので、あくまで30円というのは目安にすぎません。

 

その上、記事のジャンルによっては掲載される広告の平均的なクリック単価が安いものもあるため、ブログ運営者によってはクリック単価の平均が20円の方もおられれば、40円の方もおられます。

 

また、掲載する広告の大きさでも単価が変わり、バナーサイズの大きい広告はクリック単価が高く、サイズが小さいものは単価が低い傾向にあります。

 

Googleアドセンスが掲載される収益率が高い記事のジャンルについて

f:id:soul-vibration:20181104091111j:plain

先ほどGoogleアドセンスの広告の仕組みについて説明いたしましたが、Googleアドセンスは記事の内容から、クリックされる可能性が高くクリック単価が高い広告を自動的に選択し掲載してくれます。

 

それゆえ「記事の内容」である程度広告の内容が決まってしまうため、記事のジャンル次第ではどんなに良く書けた内容だったとしてもGoogleアドセンスでの広告収益としては少ないということもあります。

 

一般的に言われているクリック単価が高い記事のジャンルは以下のような内容です。

 

  • FXやビットコインなどの投資に関する記事
  • 不動産に関する記事
  • クレジットカードに関する記事
  • キャッシングに関する記事
  • 就職や転職に関する記事

 

こうした記事を書き、Googleアドセンスによって自動的に掲載される広告は、平均的なクリック単価が高く、収益性が上がります。

 

つまり、こうしたクリック平均単価が高いジャンルの記事を意図的に多く書くことで、Googleアドセンスでの広告の収益が増える可能性が高まります。

 

ただ、単価が高いからといって興味がない内容を記事にするというのは難しいことや、また知識も少ないことから、価値あるしっかりした記事を書くのは難しいかと思います。

 

アクセス数が多い記事が収益が出ている記事というわけではない

f:id:soul-vibration:20181024204238j:plain

運営しているブログが雑記ブログであれば、様々なジャンルで記事を掲載しているかと思います。

 

記事を書き上げて掲載しているということは、過去にそうした記事を書くだけの経験や考えを持っているわけですが、多くの人は「自身の得意とするジャンル」で記事を書くことが多いのではないでしょうか。

 

ところで、自分の得意とするジャンルでどういった記事がGoogleアドセンスで高い収益性を出しているかを調べたことはありますか?

 

そんなの決まっているよ!「アクセス数が多い記事=収益が高い」に違いない!

 

多くの方がこのように思われています。確かにアクセス数が多い記事はGoogleアドセンスの広告がクリックされる可能性が高まりますが、必ずしも「アクセス数が多い=収益が多い記事」というわけではありません。 

 

えっ、まじで?なんでわかるの?

 

必ずしも「アクセス数が多い=収益が多い記事」とはならないことは運営しているブログのそれぞれの記事の収益が高い記事を調べてみることでわかります。

 

Googleアドセンスで収益を上げている記事がどれなのかを調べる方法

では簡単ですが、Googleアドセンスで収益を上げている記事がどれなのを調べる方法についてご説明したいと思います。 

 

Google Analyticsを開き 行動>概要 をクリックして、AdSenceの「ページ」をクリックすると記事ごとのGoogleアドセンスでの収益結果が表示されます。

f:id:soul-vibration:20181109070907j:plain

 

この結果を見て皆さんどのように思われるでしょうか?まず感じることだと思うのですが「アクセス数が多い=収益が多い記事」にはなっていないことに違和感を覚えるのではないでしょうか?


そして、アクセス数が少ないのに高い収益を出している記事の存在に気が付くのではないかと思います。

 

こうしたアクセス数が少ないのに高い収益を出している記事というのは、Googleアドセンスでの自動広告との親和性が高いということが言えるわけです。

 

Googleアドセンスで収益を上げる方法は、自身のブログ記事の中で収益率の高い記事のジャンルで記事を増やす事

f:id:soul-vibration:20181018190507j:plain

このように運営しているブログの中で「アクセス数が多い=収益が多い記事」ということではないことがわかりましたが、ではGoogleアドセンスで収益を上げる方法として有効な方法はどういったことかというと、至極単純で以下のような方法になります。

 

  1. アクセス数が少ないが収益性が高い記事を見つける。(Googleアドセンスとの親和性が高い記事を見つける)
  2. その記事と同様のジャンルの記事を書く。もしくはその記事に誘導するように内部リンクを張る。

 

Googleアドセンスとの親和性が高い記事というのは意外と知らない方が多く、Google Analyticsを開いて 行動>概要 をクリックして、AdSenceの「ページ」を見ないと気が付きません。

 

多くの方がGoogle Analyticsの「AdSenceの収益(%)」を見ていないかと思いますが、これを知ることで、自身の運営しているブログの隠れたエースを見つけることが出来ます。

 

また、こうして知ったGoogleアドセンスとの親和性が高い記事を深く掘り下げたり、横に広がるような記事を書くことで、ブログ運営者個人の書きやすい記事(得意とするジャンルの記事)で無理なくGoogleアドセンスの収益を上げることが出来ます。

 

ここまで駆け足で説明をしてきましたが、そもそもGoogle Analytics(アナリティクス)を設定していないという方もおられると思います。

 

そういった方に向けてGoogle Analytics(アナリティクス)のセットアップをかなり詳細にまとめている記事がありますのでご参照いただければと思います。

 

クリック単価が上がる3月と12月はGoogleアドセンスで収益が増える

f:id:soul-vibration:20181015224142j:plain

Googleアドセンスのクリック単価についてはいつも同じではなく、時期によって異なります。

 

ではどういった時期だと高くなるかというと、年度末の3月や年末の12月がクリック単価が上がる傾向にあります。

 

なぜこのような平均単価が上がるかというとGoogleアドセンスに広告を掲載する広告代理店の都合だったりしますが、年度末や年末は広告予算を使い切ろうとする傾向がある為、広告費が増えることでクリック単価が上がります。

 

その為、そうした時期に備えて自身の運営しているブログのアクセス傾向や収益性の高い記事を知っておき、リライトしたり同じようなジャンルの記事を増やすことはGoogleアドセンスで収益を上げる方法としては有効です。

 

最後に

f:id:soul-vibration:20181024204621j:plain

ここまで私が行っているGoogleアドセンスの収益を上げる方法についてと、収益率の高い記事がどういったものなのかを理解して記事を書く考え方のお話しをしてきました。

 

Googleアドセンスは多くのブログ運営者が収益を得るために導入している仕組みですが、それがどのような結果をもたらせているのかを収益以外の点で見ることは少ないかと思います。

 

GoogleアドセンスはGoogle Analytics(アナリティクス)と連動もしているので、情報をしっかりと拾うことで、今まで気が付かなかったことを知ることが出来るので、こうした情報を活用することは、運営しているブログの収益性を高めることにつながります。

スポンサーリンク

  

 

 

合わせてお読みください。   

スポンサーリンク