魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

Whois情報とは?Whois検索でドメイン所有者情報を調べる方法について

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180618071606j:plain

こんにちはユレオです。

 

先日発覚したのですが、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」は現在ブログ記事が丸ごとコピーされる被害に遭っています。

 

被害は私だけではなく、おそらくはブログを運営している多くの方が同じような被害を受けているかと思います。

 

記事を丸ごとコピーして広告収入を得ているwebサイトはざっと見ただけで、被害者は数百人規模になるんじゃないの?というぐらい膨大な記事を保有しており、全て確認したわけではないですが、調べた十数記事が全てが他のブログ運営者の方が執筆された記事をコピーしたものでした。

 

以下の記事で詳しく触れています。 

www.tamashii-yusaburuyo.work

 

あまりにも規模のでかいパクリサイトの存在に驚きはしたのですが、それ以上にこうしたサイトが野放しになっていることに驚きました。

 

こうしたサイトが存在すると、全く同じ記事が別のドメインで公開されていることになるので、googleの検索エンジンからコンテンツの重複として低評価される要因にもなります。

 

本日はこうしたコピーブログの被害に遭った時の対処方法の一つである、「Whois情報でドメイン所有者」を調べる方法についてお話したいと思います。

 

※これからアフィリエイト始めたい方は無料登録で報酬アップや特別報酬もある「もしもアフィリエイト」がおすすめです。 

ドメイン所有者の情報であるWhois情報とはなにか?

f:id:soul-vibration:20180618071742j:plain

現在公開されているブログやwebサイトのドメイン所有者がどなたであるかというのを調べることが出来るのをご存知でしょうか?

 

こうした情報は「Whois」というのですが、WhoisにはIPアドレスやドメイン名の登録者に関連する情報がまとまっており、インターネットを利用する人は誰でも参照し確認することが出来るようになっています。

 

つまり、気になるwebサイトのドメイン所有者がどういった人や会社なのかを調べるということが出来てしまうわけです。

 

このように書くと調べることが違法のように思えてしまいますが、ドメインを取得するには、ドメイン登録者の名前やメールアドレス、そして会社名などをインターネット上でしっかり公開することが義務付けられています。

 

その為、Whoisを調べることは何の問題もありません。

 

Whois情報を調べる具体的な方法

それでは具体的なWhois情報を調べる方法を説明したいと思います。

 

Whois情報を調べるには様々な方法があるのですが、一番簡単な方法としてWhois検索サービスを利用する方法です。

 

①:Whois検索を行うために以下のサービスを利用すると便利なのでこちらをご紹介いたします。まずは下記リンクに移動してください。

 

ドメイン名・IPアドレス検索 (ANSI Whois) - Asuka.IO

 

②:リンク先に飛ぶと「ASUKA.IO」というネットワークツールのサービスページに移動します。

f:id:soul-vibration:20180618061759j:plain

 

③:「ドメイン名、IPアドレス、またはAS番号を入力」の項目に調べたい内容のドメインの情報を入力します。

今回は実験的に当ブログである「https://www.tamashii-yusaburuyo.work/」と入力して検索してみます。

f:id:soul-vibration:20180618062436j:plain

 

④:検索が終わると以下のような情報が表示されます。

f:id:soul-vibration:20180618063122j:plain

 

一瞬プログラムのように見えてしまう文字情報の羅列ですが、よく読むとIPアドレスやドメイン名の登録者に関連する情報がまとまっているのが分かります。

 

Whois管理者情報が代行して公開できる「Whois情報公開代行」とは?

先ほど私が運営するブログのWhois情報を検索したわけですが、その検索した情報の結果、電話番号やメールアドレス等が分かります。

 

しかし、よくよく見ると個人のメールアドレスや電話番号ではないことが分かるかと思います。

f:id:soul-vibration:20180618063843j:plain

 

これはWhois情報公開代行というサービスを利用しているからです。


先ほど少し説明しましたが、Whois情報ではドメイン所有者の情報を公開することが義務付けられています。

 

ただ、個人ブログの場合は様々な方が閲覧するインターネット上に個人情報を掲載することに抵抗があるかと思います。

 

そうした問題を解決するために、公開が必要なWhois情報を、ドメインを取得した会社の情報で公開してくれるのがWhois情報公開代行です。

 

これによりブログ運営者の本名や電話番号、メールアドレス等を公開せずにドメインを取得することが出来るわけです。

 

何か問題があった時はドメイン所有者に連絡をすれば良い

f:id:soul-vibration:20180618071918j:plain

今回私がWhois情報を調べようと思ったきっかけは、他人のブログ記事をコピーして広告費を稼いでいるwebサイトの情報を調べようと思ったからです。

 

調べたところ、このサイトはWhois情報公開代行を利用している為、企業や個人を特定することはできませんでした。

 

しかし、Whois情報公開代行をしているドメイン管理者の連絡先はわかったので、そちらに現在被害を受けていることをメールなり電話なりで報告することはできます。

 

私はとりあえずはドメイン管理者へメールでお伝えしたので、その後の対応を見守りたいと思います。

 

最後に

f:id:soul-vibration:20180618072021j:plain

ここまでコピーブログの被害に遭った時の対処方法の一つである、「Whois情報でドメイン所有者」を調べる方法についてお話ししてきました。

 

予想はしていましたが、企業でない限り大体はWhois情報公開代行をしているものなので、ブログ運営者を特定するには至りませんが、それでもドメイン管理者が分かったのそちらに報告するといった対応をとることが出来ました。

 

まさかこのような形でWhois情報を調べることがあるとは思いもしませんでしたが、こうした手順を備忘録を兼ねて記事にしておこうと思いました。

 

もし何かのきっかけでWhois情報を調べたい場合は是非ご参考ください。 

スポンサーリンク

  

  

 

合わせてお読みください。 

 

スポンサーリンク