魂を揺さぶるヨ!

ブログを通じて「魂を揺さぶり情熱を燃やせる何か」を探し人生を楽しみたいと考えている30代の男です。 アウトドア、インドア、なんでも好きです。哲学や心理学にも興味があります。

魂を揺さぶるヨ!

「nend」スマホ専用オーバーレイ広告を1ヶ月使った結果!意外と使えるgoogleアドセンス以外の広告

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180711081601j:plain

こんにちはユレオです。

 

本日の記事はブログ運営をされている方に向けた記事になります。

 

多くのブログ運営者の方はブログに広告を掲載して収益化を図っているかと思います。

 

広告にはいくつかの種類がありgoogleアドセンスなどの「クリック保証型の広告」とA8や もしもアフィリエイトなどので「成果報酬型広告をクリック」があります。

 

多くの方がこの2種類の広告をブログに掲載することで、ブログ運営において収益化を図ろうとしていると思います。

 

本日のお話は「クリック保証型の広告」の”nend(ネンド)”についてのお話になります。

 

Googleアドセンス以外の「クリック保証型の広告」を掲載されている方はかなり少ないと思いますし、そういった存在を知らない方がほとんどだと思います。

 

nend(ネンド)はスマートフォン向けに特化したクリック型の広告

f:id:soul-vibration:20180420212943j:plain

nend(ネンド)は、スマートフォン向けに特化したクリック報酬型の広告で、Googleアドセンスと同じように広告のクリックした時点で報酬が発生するタイプです。

 

クリックされた後に商品が売れなかったとしても、広告を掲載した方に報酬が発生するタイプの広告なので、報酬が発生しやすいという特徴を持ちます。

 

nendの運営はアフィリエイト大手の「株式会社ファンコミュニケーションズ」が運営を行っています。

 

「株式会社ファンコミュニケーションズ」はブログを運営している方なら誰もが一度は目にしたことのある「A8.net」を手がける会社です。

  

nendは株式会社ファンコミュニケーションズが運営していることもあり、国内ではトップクラスの広告数で、スマートフォンに特化した広告掲載の仕組みが整っています。

 

広告コードをスマートフォンのコードに掲載するだけで、サイトに訪れたユーザーの趣味趣向に合わせた広告を自動的に掲載してくれます。

 

nend(ネンド)の特徴

f:id:soul-vibration:20180425221518j:plain

nendはクリック報酬型の広告とお話ししましたが、その他にどういった特徴があるかをまとめました。

 

  • 大手のASPが運営していることもあり広告数が多い。
  • スマートフォンに特化した広告でPCでは掲載出来ない。
  • 広告はバナーとアイコンの2種類から選択出来る。
  • オーバーレイ広告を設置することが出来る。
  • 報酬が受け取れる最低支払い金額が3000円から。
  • レポート画面が見やすくて管理がしやすい。

 

このような感じです。

 

いくつか特徴がありますが、最後に書いている「レポート画面が見やすくて管理しやすいというのがすごく良く、グラフによる収益の確認などが簡単に行えるのが良いです。

f:id:soul-vibration:20180711065440j:plain

 

nendは使いやすいクリック保証型の広告ではあるのですが、Googleアドセンスの代わりになるかというとそこまで良いものではありません。

 

まず第一にクリック単価がGoogleアドセンスに比べると低いため、差し替えて使えるほどのメリットはありません。

 

ただ審査がGoogleアドセンスに比べてゆるいので、何らかの形でGoogleアドセンスのペナルティを受けた方が差し替えて利用するということや、ブログ運営を始めたばかりの方で、Googleアドセンスの審査が通っていない方が、クリック報酬型の広告の仕組みを勉強するためにnendを使うというようなことで利用できるかと思います。

 

今はブログのアクセス数はパソコンよりもスマートフォンほうが多い

f:id:soul-vibration:20180701134028j:plain

nendの面白いところは「スマートフォンに特化した広告サービス」というところです。

 

パソコンの画面に合わせて設置した広告やバナーは、スマートフォンで見た時に画像や文字が小さくて見にくいと言う理由から、気になる広告が掲載されたとしても気づかれずクリックされないとうことがあります。

 

現在ではスマートフォンを使ったブラウジングをする方が大半なのでブログを閲覧してもらうプラットホームはスマートフォン向けにつくるということを意識する必要があります。

 

そういった意味で「スマートフォンに特化した広告サービス」というのは広告の仕組みとして最適化されているので、スマートフォンユーザーに最適化された広告掲載されることで収益の最大化を図ることが出来ます。

 

nend(ネンド)を1ヶ月運用した結果どうなったか

私はnendという「クリック報酬型の広告」の存在を以前から知っていましたが、ブログ運営初期にGoogleアドセンスに合格したこともあってこれまで利用してきませんでした。

 

先日ブログの整理やカスタムをした際に、ものは試しにnendのオーバーレイ広告を導入してみることにしました。

 

5月27日から7月4日までの約1ヶ月間運用した結果は以下の通りです。

f:id:soul-vibration:20180711072512j:plain

 

スマートフォンを使って当ブログを閲覧頂いた方に合わせた広告が掲載されるわけですが、約1ヶ月で139000件の広告が表示されたようです。

 

ちなみにスマートフォンでオーバーレイ広告が掲載されるとこのように見えます。

f:id:soul-vibration:20180711073500j:plain

 

CL数(クリック数)が758件でCPM(*)が21.7円となっており、約1ヶ月間で約3000円の収益を得ることが出来ました。 

*Cost Per Mille (コスト・パー・ミル)の略で、表示回数 1,000 回あたりの単価を指します

 

参考までに5月27日から7月4日までの当ブログのパソコンもスマートフォンも含めたアクセスユーザー数は、Googleアナリティクスの計測では約20万PVでした。

 

nend(ネンド)を1ヶ月運用した感想

f:id:soul-vibration:20180627220744j:plain

nendを1ヶ月導入して感じたことを素直に話すと、思ったよりオーバーレイ広告は邪魔に感じるものではありませんでした。

 

また、画面を余分に埋めるのでユーザー・エクスペリエンスが低下してアクセス数が減るかと懸念したのですが、そういったことはGoogleアナリティクスを見ても確認出来ませんでした。

 

当ブログにおいてはnendのオーバーレイ広告の導入によるデメリットはほぼなかったと言えます。

 

不満があるとすれば、私の場合は広告のクリック単価が安いものが掲載されたということがあるかもしれませんが、Googleアドセンスに比べればCPMは低いです。

 

ただ、オーバーレイ広告として掲載した1つの広告と考えれば、結果としては上出来だと思います。

  

最後に

f:id:soul-vibration:20180627221029j:plain

ここまでnend(ネンド)のスマホ専用オーバーレイ広告を1ヶ月間運用した結果についてお話してきました。

 

オーバーレイ広告はユーザー視点から見て邪魔に感じることがあるものなので、導入を躊躇していたのですが、約一ヶ月間導入して検証した結果としては、ユーザー・エクスペリエンスに大きな影響を与えるものではなく、Googleアナリティクスを見ても特に変化を感じるものはありませんでした。

 

nendは審査もGoogleアドセンスに比べるとゆるいということもあり、Googleアドセンスの導入がまだ出来ていない方がクリック報酬型の広告の仕組みを勉強する目的として導入するにはちょうど良く、扱いも簡単でレポート画面が見やすくて管理しやすいです。

 

Googleアドセンスの導入がまだの方や、Googleアドセンス以外のクリック保証型広告の勉強をしてみたいという方は、一度nend(ネンド)をお試しになられてはいかがでしょうか。

  

 

 

合わせてお読みください 

スポンサーリンク